将来は独立やCMOに。大手ライフイベントメディア会社の営業・商品企画としてMVPを獲得後、日系マーケティングコンサルファームへ転職。コンサルでも事業会社でも共通することとは?

Mさんは新卒で大手ライフイベントメディア会社へ入社し、営業としてブライダル領域のセールスマーケティングを担当。クライアント目線での商品企画で評価を高め、部内でMVPを獲得するなど実績を上げる。その後、将来的には独立やCMOになることを視野に入れ、日系マーケティングコンサルファームへと転職。今回は、営業からコンサルタントへと転職した経緯や、事業会社とコンサルの共通点やギャップについて伺った。

成長環境を求めて大手ライフイベントメディア会社へ就職

―新卒で大手ライフイベントメディア会社へ就職されています、まず就職活動のお話から教えてください。

就職活動では特に業界を限定することはありませんでした。ただ一貫して、家庭を持っても働き続け、自立した生き方をしたいという思いを抱いていました。20代のうちにそういう自分になれるよう、早いうちに様々な経験を通して成長できる会社を探していました。
そこで、大きく「事業内容」「環境」「人」の3つの軸で企業選びをしていました。前職を選んだ理由は、自分が理想とする「環境」と「人」の両方を兼ね備えていたことが一番の要因です。特に面接を受ける中で、「この会社で一緒に働きたい」と思える人が多かったところが決め手ですね。

―前職で携わっていた業務内容を教えてください。

前職ではセールスマーケティングに携わっていました。
特に、会社が発行するブライダル雑誌を通じてクライアントの集客改善や、業績改善に携わることがメインの仕事です。会社のアセットを使って新商品の開発や、行政と一緒にタイアップして街の活性化をする仕事を行なっていました。

―新卒で苦労したことなどがあれば教えてください。

1年目から関西で一番大きい会社をマネージャーから引き継いで担当させていただきました。新卒ということもあり、クライアントからの風当たりが強く、関係性を築くのには苦労しましたね。自分のポジショニングをどうしようと考えたり、どうやって前任者のマネージャーとの差を埋めようと考えたりする日々でした。
ただ、だからといっていきなり高望みするのではなく、当たり前のことを当たり前にするという社会人としての基礎スキルをしっかり身につけることを徹底しました。
また、逆に自分がブライダル業界に染まっていないことを活かして、顧客目線でのワークショップの開催など、自分のポジションを生かしたクライアントへのアプローチを心がけ、実践するようにしました。
仕事をする中で、徐々にマイナスからゼロになってゼロからプラスになる感覚がありましたね。

クライアントの立場に立って商品企画を行う

―その後、営業部内でMVPを獲得されるなど、高い業績を残されています。特に意識していたことなどがあれば教えてください。

ブライダルは結婚式の施工により初めて売り上げになります。営業として通常はKPIを予約数に設定するのですが、私が担当していた関西の最大手ブライダル法人は、すでに認知度があるので一定の予約数は確保している一方、飛躍的な伸びもありませんでした。
そこで、KPIを予約数ではなく、より顧客のマネタイズに近い指標であるキャンセル率に設定しました。そして、いかに雑誌でリーチしたお客様のキャンセル率を下げ、実際の売上を上げるかを考え、他社との競争に負けない新しい商品の企画を提案しました。
クライアントのサービスにまで踏み込み、既存のサービスからの脱却を目指すなど、クライアントの立場で企画立案をしたことで結果的に営業成績も上がりました。
ただ、当時は営業数字というものに興味がなく、どちらかと言えばクライアントの売り上げに貢献したいという気持ちが伝わって、クライアントさんを巻き込んでその商品開発ができたということが、成功をつかめたポイントかもしれませんね。

経営者の父の影響から、将来的に独立やCMOになることを目指してコンサル業界を志す

―MVPを獲得するなど順調な中、転職を考え始めたきっかけは何だったのでしょうか。

「今の仕事は自分の命を使ってやりたい仕事なのか」と考えたときに、「違う」と感じていたからです。
実は入社時から「本当にやりたいことは何だろう」と思う機会が時々ありました。入社から2年ほど経って「自分のやりたいことはこれなのではないか」と見えてきたとき、そこに近づく為の環境は、今の会社にいるよりも他の方が適しているのではないかと感じたことが転職のきっかけです。

―どのような展望でコンサル業界を目指したのでしょうか。

就職活動の時もそうですが、家庭を持っても自立して働きたいと考えていました。
また父親が会社を経営していた影響で、将来的な選択肢の一つとして独立も考えており、CMOのように企業の中枢でマーケティング戦略の機能を担う仕事にもチャレンジしたいという思いもありました。
その場合、1つの業界に特化するよりもまずは幅広い業界のケース事例を学び、そこから自分の専門性を見つけたいと考えました。
自分の関心や、今後必要になるスキルを軸に次の仕事選びを考えた時に、コンサルファームという選択肢にたどり着きました。

―転職活動では具体的にどういう対策をされましたか。

まずは、「自分がなぜそういう気持ちになっているのか」「今後どうしたいのか」「自分がどうなりたいか」など自己分析を始めました。
また、知り合いのコンサルタントにケース面接対策をしていただいたり、アクシスのキャリアコンサルタントとディスカッションを通して自分自身を深堀し、思考を整理し、志望理由を明確に語れるようにしました。

現在の、マーケティングコンサルファームに入社する決め手は何だったのでしょうか?

コンサルファームといえども戦略から専門職の強いブティック系まで幅広くあり迷いました。
コンサルファームと志向のマッチングはアクシスのキャリアコンサルタントとの面談の中で徹底的に考え抜きました。結果的に、自分の将来の志向性にフィットするマーケティング領域に強いコンサルファームを中心に受け、無事に内定をいただきました。

顧客の利益に立って考えるという思考はコンサルでも事業会社でも共通

キャリアビジョンを相談するなら!無料転職支援サービスに申し込む

―現在、担当されている業務について教えてください。

現在は化粧品メーカーの新ブランドの立ち上げに携わっています。
具体的にはターゲットの選定や、提供価値の規定、チャネルをどこに置くかなどマーケティング戦略の支援を行っています。

―前職のスキルで活かせている点はありますか。

主に3つあります。1つ目はコンサルファームの場合、社内関係性の構築、つまり「この人と働きたい」と思われるかどうかがプロジェクトのアサイン上重要です。様々なマネージャーとの上手な関係性の作り方に関しては前職の営業経験が活かせていると思います。
2つ目ですが、上司の話やプロジェクトの勘所をいち早く理解するスキルは、前職で早くから業界の理解を求められ、キャッチアップするために努力した経験が役立っています。
3つ目は、いかにクライアントと向き合って考えるか、クライアントの立場でものを見て語れるか、考えられるかという点です。職種や業界は異なれど、お客様の利益に立って考えるという思考はコンサルでも事業会社でも共通していると思います。

―前職との違いやギャップはありましたか。

コンサルファームでは、抽象化したアイディアを具体的なイメージに落とし込むスキル、プロジェクトだけでなくマーケット全体を見渡すスキル、継続して考え続けるスキルと、縦と横と深さを見るような思考力が求められます。
前職では直観的なアイディアでもアウトプットが良ければ評価されていましたが、コンサルファームではどういった思考プロセスでアウトプットしたのかという、プロセスの過程も加味した上で評価されると思います。
前職ではアウトプットベースで評価される人もいましたが、現職ではどれだけ思考プロセスが論理的か、解くべき問いに対してダイレクトに答えられているのかなど、思考の枠組みやプロセスを見られるので、そこは前職と違うと思います。

―今後のご自身の展望を教えてください。

現在はブランディング領域のマーケティングに携わっていますが、ブランディング領域ではブランド価値を規定しただけで終わってしまうプロジェクトもあります。ただ、私としてはあくまでもクライアントの売り上げにこだわりを持ち続けていたいです。
コンサルタントとして目指す理想像としては、クライアントの今の課題だけではなく未来の課題をも捉え、解決できる存在になりたいです。
また、先程お伝えしましたが、CMOのように、企業の中枢でマーケティング戦略の機能を担う仕事にもチャレンジしたいと考えています。

―最後に、転職を考えている方にぜひメッセージをお願いします。

まず、そもそも仕事は自分の人生の一部ですので、“転職活動”だけに捉われるのではなく、「自分はどういう生き方をしたいのか」、「日々どういう状態でありたいのか」など、長期的かつ深い視野で考えることが大切だと思います。
転職で迷われる方の多くは、仕事以前に自分の人生に考えを向けるべきだと思います。

また、新卒での就活とは違い、転職は数社を経験した上での仕事選びです。今までの経験から生まれる違和感や譲れないモノ・感情を大事にして、何が違和感の原因なのか、譲れないものは自分の人生にどういった影響を及ぼすのかを突き詰めて考えるべきだと思います。
そして、その先に理想とするキャリア・働き方をイメージすれば、転職先はその条件に合致するかどうかを確かめれば良いだけだと考えています。

======================================

転職事例インタビューはこちらから

アクシスコンサルティングでは、 -コンサルタントになりたい人 -コンサルタントとしてキャリアアップしたい人 -コンサルタントから卒業したい人 のキャリアを支援しております。

弊社のキャリアコンサルタントと面談を希望される方は、下の申し込みボタンより、入力画面に移動してください。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?