コンサルタントの地方プロジェクトの楽しみ方

地方プロジェクトにアサインされるのは嫌だという言う方も多いですが、中には「地方プロジェクトが大好き」という方もいらっしゃいます。

今回は実際の声をもとに、地方プロジェクトの楽しみ方やメリットをまとめてみました。

【目次】

      1. 同僚との結束力を上げる
      2. 特別手当で息抜き
      3. 人生の伴侶が見つかることも

同僚との結束力を上げる

地方プロジェクトといえば一定期間の出張スタイルが定番です。

その間メンバーはホテルやウィークリーマンションに住むケースがほとんどでしょうか。もちろんチーム内の同僚も同じホテルや至近距離に滞在することになり、どこも自然と合宿所のような雰囲気になります。

空き時間には部屋に集まってゲームをしたり食事会を開催してみたりと、地元のことを知らない者同士の下宿感覚で距離がぐっと縮まり、自然と結束力が高まるのだとか。

実際には

「それくらいしかやることない」

「土地勘がなくクライアント先とホテルを行き来するしかない」

「夜もやっている店があまりない」

など理由は様々ですが、同じ苦労を乗り越えた絆は何よりも得難いようです。

特別手当で息抜き

地方のいいところといえば何と言っても一日あたりの地方出張手当がつくことではないでしょうか。

金額は企業やプロジェクトによりまちまちですが、

「毎日これくらい特別手当がつくから、今日はそのお金を使って何して遊ぼうか?」と考えるようになるようです。

仕事帰りに飲み会や休日の趣味など、金銭的にも余裕が生まれやすく息抜きも兼ねた楽しみが増えそうですね。

人生の伴侶が見つかることも

裏話になりますが前述の通り、決まったメンバーで男女関係なく集まることも多くなるため独身の方ですと恋愛に発展することもあるようです。

過去には『2年間の地方プロジェクトで20人中結婚したカップルが2組』という驚異的な数字を叩き出した実例もあり、地方プロジェクトならではの裏の魅力とも言えそうです。

仕事の話で共通事項には事欠かず、さらにはプロジェクトの悩みを深く分かり合うことが出来るため一気に仲が深まり、さらには休日にもプロジェクトメンバーで集う機会も多いので、自然なことかもしれませんね。

家族や友人と離れ寂しいことも多いかもしれませんが、環境が変わることでまた新たな人間関係が築けるチャンスかもしれません。

また同じような環境で同じような苦労を経験した戦友ということで、プロジェクトが終わっても交流が続くことが多いようです。

まとめ

敬遠されがちな地方での中長期プロジェクトですが、ふたを開けてみると生涯に渡り付き合えるような仲間が出来たり、人生の伴侶を見つけることになったりと経験者の方は仕事以外にもやり甲斐や楽しみを上手に見つけているようでした。

例え人間関係に興味がなかったとしても、手当てを貯めて趣味に投資するなど日ごろとは違う余裕が生まれる可能性もあります。

地方プロジェクトは面倒・・と考えていた方も、たまには環境を変えてみると、日ごろのストレスを離れご自身の新たな一面を発見できるかもしれませんね。

==============================

今回は実際の声をもとに、地方プロジェクトの楽しみ方やメリットをご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

 

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×