コンサルティング業界の市場規模

コンサル業界の規模は?

コンサルティング業界の全世界の推定市場規模は、およそ10兆円から20兆円と言われており、そのうち米国の市場規模は6兆円から10兆円、ドイツが1兆円から2兆円となって、その大半を占めています。

一方、日本の推定市場規模は、2016年で1800億円から3000億円程度と言われていました(ユーロモニター社の調査結果)。

ただし、2018年にはIDC Japanの調査によると前年比7.8%増で4000億円を超え、特に「デジタル関連」のコンサルティング領域では2018年度で前年比40.5%の成長を遂げており、2023年には2568億円に達すると予測されております。そのため、2023年には1兆円規模に達するとも言われております。

日本のGDP(国内総生産)がアメリカのGDPの約三分の一であることと照らし合わせると、現状の日本のコンサルティング業界の市場規模はそれほど大きくありません。ただし、DXのニーズが高まっていることなどから、まだまだコンサルティング業界には拡大の余地を存分に残していると言えます。

コンサルタントを目指す方には追い風の時代

日本のコンサルティング業界がまだまだ拡大の余地があることを裏付けるように、コンサルティング実務未経験のポテンシャル採用枠も広がってきています。

これは各ファームとも、提供するコンサルティング領域の広がりを見せていることが背景にあり、IT業界で活躍するシステムエンジニアや事業会社の経営企画職、事業開発職、営業企画職からコンサルタントへの転身者も増えてきています。

転職事例インタビュー

未経験(コンサルタントを目指す方)向けのコラム・インタビュー

===========

今回の記事では、コンサルティング業界の市場規模についてお伝えしました。

下記フォームより新規会員にご登録(無料)いただくと、弊社キャリアアドバイザーとの面談(メール、Skypeなどでのご対応可)を通して、経営層への独自取材による企業動向・内部の声、非公開求人や選考対策など、ご要望に応じた情報をご提供いたします。

(参考)アクシスコンサルティングの強み・特徴・スタンス・外部からの評価について

※アクシスコンサルティングは「プライバシーマーク」使用許可事業者として認定されています。

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?