コンサルタントの評価

  • プロジェクト単位の評価ではセカンドチャンスがある?

    コンサルタントは基本的にプロジェクト単位で働いています。プロジェクト毎で上司(パートナー・マネジャー)が変わり、プロジェクトの仕事内容も変わっていき、長いプロジェクトは数年単位、短いと数ヶ月単位で終了します。そのため、年度内で複数の上司が各メンバーの評価します。そして、その内容を本人へフィードバックする流れになっています。

    つまり、一般の事業会社のように同じ上司から長い期間に渡り、評価を受け続けることはありません。前回のプロジェクトで、あまり良い成果(結果)が出ていなくても、次のプロジェクトで結果を出すことができれば、挽回することが十分可能な仕組みになっています。

  • 評価項目と昇進について

    評価の項目は、各ファームによって異なりますが、いくつかの要素でS、A、B、C、Dというように分かれています。年度を続けて評価が高ければ、次のクラスへの昇進も検討され、「アナリスト⇒コンサルタント」「コンサルタント⇒シニアコンサルタント」「シニアコンサルタント⇒マネジャー」「マネジャー⇒シニアマネジャー」と昇進します。

    その一方で、役職と役割が明確ですので能力が達しなければ年齢が上がっても昇進することはありません。


記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?