シニアマネージャー、マネージャーのよくある転職理由

コンサルティングファームのシニアマネージャーやマネージャーと言えば、業界10年選手にあたります。

「自分にコンサルが向いている」ことはすでに認識済みです。そんな方々のよくある転職理由をまとめました。

【目次】

      1. 力試しをしたい/リフレッシュしたい(飽きてしまった)
      2. 上が詰まっている/よりよいタイトルや年収を求めて
      3. 同期がパートナーになった/上司と馬が合わない/一緒にいられない
      4. その他

力試しをしたい/リフレッシュしたい(飽きてしまった)

既に10年コンサルタントとして活躍し、適職であることは分かっているものの、「外でどれくらい自分が通用するかを試したい」という目的をもって転職を選ばれるケースです。

シニアマネージャークラスになると、自分の会社に対して不満がある/嫌いでもあるという理由は少なく、「力を試したい」「リフレッシュしたい」という方が多くいらっしゃいます。

それ以外に近しい理由として、「純粋に飽きてしまった」というケースもあります。

上が詰まっている/よりよいタイトルや年収を求めて

次に挙げられるのが、「上が詰まっている」という事態です。

今後パートナーになるのに10年かかりそうなど、現状より先の昇進が見込みにくい場合、より早くパートナーになれる会社や、さらに良い経験ができる企業に転職される方が多くなります。

「年収やタイトルがいいところに行く」というケースももちろん多く存在します。

会社に対してのロイヤリティを強く持つというよりも、数年スパンで貪欲にチャンスを求め続けるという方もいらっしゃいます。

また、プロパーよりも中途で入るほうが年収は上がるケースもあり、そのギャップを有効に活用されている方もいらっしゃいます。

同期がパートナーになった/上司と馬が合わない/一緒にいられない

「◎◎社に10何年勤続して、やりきった」という声も多くいただきます。

この場合は、あえて詳細は伺わないことが多いですが

「実は、同期がパートナーになり、その下でやらざるを得ない」

「体制が変わり上司と馬が合わない」

というのがきっかけであるようです。この辺りはどの業界でも共通でしょうか。

その他

表立った理由には上がらないことが多いものの、業務上の理由ではなく、「人間関係のもつれ・・」というケースも一定数存在します。この場合には、社内の人間関係を精算し、新しいスタートを切るという意味合いが強くなるでしょうか。

まとめ

キャリアの見通しや人間関係など、よくある転職理由には様々なきっかけが存在します。

とはいえ長年第一線で戦い続けていれば、余裕あるリフレッシュ期間の実現や、収入やキャリアアップにつながるなど転職が有利に働く場合が多くあります。常に上を目指して日々を積み重ねてきた方には、道が開けている場合が多いようです。

=================

今回はシニアマネージャー、マネージャーのよくある転職理由をご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×