年収2000万円もらっている人ってどんな人? あなたにもなれる可能性はある?

年収1億円も夢ではない

企業にもよりますが、コンサルティングファームの場合は、パートナーの入口にあたるところで年収2000万円~。超ハイクラスで5000万~1億円のようです。

年収1億円超は他にも自営業で成功した場合や医者、弁護士などの専門職、いわゆる勝組の職業に多くおられるようです。

そして、年収が100億円を超えるとなると僅か4人しかいないそうです。

では、年収2000万円以上の人は社会人のうち何パーセントいると思いますか?

日本では、年収2000万円以上は、全体の1%であり、年収2000万円の人は、約17万人。全体から見れば、ほんのひと握りの人ですね。

つながり

コンサルティングファームで年収2000万円の人とは?

では、実際に年収2000万円稼ぐ人はどんな人なのでしょうか? 現在コンサルティングファームでマネージャーをされている方にお話を伺いました。

正直年収2000万円は無理ではないと思っています(自惚れが過ぎるようで恐縮ですが)。

今年、以前勤めていたファームでお世話になっていたシニアマネージャーがパートナーにプロモーションしたと聞きました。

私より2歳年上の30代半ばで某ファームのパートナーになったわけで、おそらく年収は2000万に近づいたか、もしくは届いたかだと思います。

幸運にも私は入社1年目から彼の仕事を見る機会があり、また一緒に提案活動をする機会に恵まれました。そこから考えるとコンサルティング業界で年収2000万に届く人は下記のような能力を持っている人だと思います。

周りをドライブする力

得意領域はそれほど強くなくても、その領域のプロフェッショナルをうまくドライブする能力。例えば会計に詳しくなくとも会計士の力を借りてプロジェクトをまわす力。

他に面白い芸人はいるけれども、それをうまく回す司会者のほうが儲かる、といった構図でしょうか(笑)。この能力はクライアントも惹きつけるので、新規案件の受注→売上にも直接つながると思います。

全体のストーリーを描く力

深く狭く掘り下げることができる人は業界の中にもわりと多くいますが、それをつないで起承転結のストーリーを作り、落としどころに落とす能力。広くプレゼン能力といってよいと思います。

事業会社の方たちと話していると感じることですが、我々の業界が圧倒的に秀でているのは実はこの能力で、ある意味では我々の収益の源泉だといって過言ではないと思います。

そして個人的にはそれが私のコアスキルだと思っています。

異常に敏感な情報収集力

広く浅く、どんな話にでも噛める能力。今だとIoTやFintechなどだと思いますが、そんなに詳しくなくとも30分程度なら語れる上司の姿に、脅威すら感じた記憶があります(笑)。

他にも色々ありますが、このくらいにしておきます。

これらの能力は意図しなければ絶対に身につきませんが、逆に身につけようと日常的に心がけていれば難しくないと思っています。

私はひたすらそのスキルを磨こうとしているので、前述のような自惚れが過ぎる回答になった、というわけです。

資格のようなカタチで目に見えないので軽視されがちなのかもしれませんが、それが上に行くためには、ひいては年収2000万超えを得るためには必須だと思います。

上昇

コンサルタントにとっては高いハードルではない

お話しを伺ったのは現マネージャーの向上心の塊のような方ですが、この続きを飲みながらじっくりとお聞きしてみたいです。

他にも何人かにお聞きしましたが、コンサルティングファームの方は年収2000万円をそこまで高いハードルだとは思っていないようです。

全てに共通するのは明確な目標と意志を持って自身を磨き、自分の商品を売れるかどうかではないでしょうか。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?