コンサルタントに学ぶ、上司に評価される人とされない人の違いとは?

上司から評価される人とされない人の違いはどこにあるのでしょうか?今回のコラムでは、評価の高いコンサルタントが日々仕事へ向かう姿勢を参考にお伝えいたします。

関連コラム:

【実例】コンサル転職後も「順調にプロモーション」するための3つの挙動

コンサルのマネージャープロモーション候補に上がる人の共通項

【目次】

  1. 課題解決に向けて何をすべきかを考えて行動を起こせる人、起こせない人
  2. 自分ひとりの成果ではなく、周囲のサポートがあってこそ、が分かっている人、分からない人
  3. “正論”と“正解”の違いが分かる人、分からない人
  4. アグレッシブに未知のフィールドに飛び込む習慣・特徴がある人、習慣・特徴がない人

課題解決に向けて何をすべきかを考えて行動を起こせる人、起こせない人

ビジネスマンは、年齢や社歴などに関係なく、課せられた仕事の結果に対して責任を負うのが宿命です。

仕事というのは、何もかも自分の思い通りに進められるケースは少なく、未経験領域で周囲の協力を得られない非常に難しい仕事であっても、会社やクライアントからはしっかりと結果を求められるもの。言い訳は通用しません。

ここで大切なことは結果が出ないことに対して、当事者意識を持って自分自身の問題として捉えられるかどうか。

結果を出すために何をすべきなのかを主体的に考え続け、行動に移せる人であれば、仮に結果が出なかったとしても、次のチャンスを与えたいと思う上司は多いでしょう。

一方、結果が出ないことを周囲へ責任転嫁をして諦めてしまう人に次のチャンスを与えたいと思う上司は少ないでしょう。

自分ひとりの成果ではなく、周囲のサポートがあってこそ、が分かっている人、分からない人

当たり前ですが、仕事はひとりではできません。クライアントへ提案していた企画が受注できた際、受注に至るまでにサポートしてくれた人たちへ感謝を伝えられる人と、無関心な人では大きな差が出てきます。

例えば、クライアントを引き合わせてくれたお客様や、リサーチを手伝ってくれた部下、企画書のレビューをしてくれた上司、企画の原案となったアイデアを出してくれた他の部署の人などです。

直接的にも間接的にもサポートしてくれた方々をきちんと整理をして、感謝を伝えられる人は、上司や周囲からの信頼を得て、その後も継続的にサポートをしてもらえます。

何より、どのような人達が、どういった役割で関わり、仕事が成立しているのかを構造的に理解することにも繋がるので、継続的に結果を出すことができます。

この点を理解できない人は、上司や周囲からの信頼も得られず、サポートもしてもらえません。根本的な仕事の構造を理解できていないので、継続的に実績を出すこともできません。

“正論”と“正解”の違いが分かる人、分からない人

日々のビジネスシーンでは、社会一般的には“正論”ではない選択肢を取りながら仕事を進めることが多々あります。

自分なりの正論をベースに企画した案を自信満々にクライアントに提案しても

「君の言っていることは分かる。確かに正論だと思うが、私たちには必要ない」

などと言われてしまうケースは多々あります。

人それぞれ、自分自身の“正論”を持っていますが、ビジネスの世界では、その“正論”を突き通すことが良い結果につながることは多くありません。

「自分では正しいと思っていることを提案しているのに、なぜ相手がイエスと言ってくれないのか?」

という考え方ではなく、利害関係者の立場を理解し、相手が何を必要としていて、何を必要としていないのか? を徹底的に分析して、“正解”を導きだすことが重要。

頭の回転も速く、知識も豊富で、世間一般的には優秀な人と言われる人であっても、自分の“正論”だけ突き通すのでは、周囲から一緒に仕事をしたくないと敬遠され、上司からの評価も得られないでしょう。

一方、双方が納得する形で合意形成ができる人、落としどころを見出せる人は、周囲からまた一緒に仕事をしたいと思われますし、上司からも評価されると思います。

コンサルタントは多種多様な人種の集まりで、多くの業界・業種のクライアントを相手に仕事をします。

アグレッシブに未知のフィールドに飛び込む習慣・特徴がある人、習慣・特徴がない人

特にコンサル業界では、一つユニットが一つの中小企業と例えられるように、ユニット間での交流が少なく、大きな壁があるとされています。

そういった環境でも、キャリアを広げている方は、他のチームのイベント(パーティ)などに積極的に参加するといった、自ら未知の領域に飛び込むといったアグレッシブな習慣・特徴があるようです。

同時に、社内でも評価されやすくなり、上のタイトルへプロモーションされやすくなります。

=================

今回は、どの業界にも共通する普遍的に評価される人・評価されない人の事例を挙げてみましたので、日々のご自身の仕事の取り組みと照らし合わせて、参考にして頂ければと思います。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。


アクシスの求人のうち、
約77%は非公開。
平均サポート期間は3年です。

各ファームのパートナー、事業会社のCxOに定期的にご来社いただき、新組織立ち上げ等の情報交換を行なっています。中長期でのキャリアを含め、ぜひご相談ください。

新規会員登録はこちら(無料)

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×