SEに不況は関係ないの??

thumbnail

こんにちは。

 

最近は、忘年会シーズンなので、多くの友人に会います。

 

久々に会うと、みんな様子が変わっているので、とても刺激を受けます。


今年は、ちょくちょく不況の話が出るので、

色々と聞いてみると不況の影響を受けている人、受けていない人様々です。

 

ある忘年会でシステムエンジニアの友人に会いました。

その彼は、

『悲しいぐらいSEは不況とは関係ないよ~。』

とクダを巻いていました。

 

その彼は1月カットオーバーに向けて、

とても忙しい12月を過ごしている様です。


そして次のプロジェクトのアサインが先日決まったという事で

『カットオーバー後に少しぐらい休めるかも!!』

という期待は見事に裏切られたようです。

 

私も、今から10年近く前になりますが、

SE時代を思い出すと不況を身に沁みて感じたことがありませんでした。

 

私は、90年中盤の大氷河期に社会人になりました。


システムエンジニアとしてキャリアをスタートしたのですが、

新入社員研修が終わり始めてのプロジェクトへアサインされた時から、

切れること無くプロジェクトへアサインされていたので、

不況で案件がとれずに待機したという経験は在りませんでした。

 

その時は、金融機関が不良債権を大量に抱え、金融再編が始まった頃でした。
その為、金融関連のプロジェクトも多かったですが、

アミューズメント系や医療系など、様々な業界のプロジェクトがあったことを覚えています。

 

システム案件は、業界関係なく、どの会社にもあります。

一つの業界の景気が悪くなっても、別の業界の景気が良ければ、

景気の良い業界から引き合いが来ます。


その為、切れる事無くプロジェクトが続いているのだと思います。

 

やっぱり~SEには不況は関係無いようです。

 

弊社はご存知通り、IT業界が強いのですが、

弊社とお取引しているIT関連企業も不況の影響を受けていない企業が多々あります。


もちろん影響を受けている企業もありますが、

影響のない企業は応募者が増えているので、

良い方に絞って採用する傾向も出てきています。


今シーズンに転職を考えている方は、

業界や企業の情報を大切にしてください。

不況の影響をどんな風に影響受けているかをキャッチしないと、

思わぬ苦戦を強いられることにあなります。

景気の流れに敏感に反応しているエージェントとお付き合いすることをお勧めします。

(弊社も敏感に情報収集しています。。念のため。。。)


ちなみに、その彼は最後に

『仕事があるのは幸せなことなんだろうな~。』

と言っていましたが、その通りですね。

 

どんなに忙しくても『仕事が出来る幸せ』を感じて働くことも

大切なのかもしれません。

 

改めて仕事に感謝する今日この頃です。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?