コンサルティング業界の採用動向

thumbnail

最近のコンサルティングファームの採用動向につきまして。

 

実感値として、2006-2007年位まで

採用ニーズが戻っていると思っています。

 

内需の縮小・円高・欧州金融危機と

とても良い景況感とは言えないですが、

なぜ採用を強化しているのでしょうか?

 

例えば、円高を例に挙げるとすると

 

・海外拠点で生産するようになる

  ⇒海外進出支援、SCM再構築

 

・材料の仕入れを海外へシフトしている

  ⇒SCM再構築 

 

・M&Aが加速する(円が高く、$や€が安い)

  ⇒PreからPMI

 

など、企業はビジネスの変革が求められ、

コンサルタントの支援が必要になっています。

 

もちろん円高だけでなく、複合的な要素で

海外進出やM&Aを決めるのですが。

総じてクロスボーダーの案件が増えてきてますね。

 

特に足りないのは

 

・SCM

 ⇒前述のとおり。

 

・会計

 ⇒IFRSは伸びたものの、恒常的に足りていない。

 

・金融

 ⇒特にリスク系

 

・ハイテク

 ⇒戦略~ITまで。グローバル案件

 

・IT戦略/企画

 ⇒ガバナンス含めて足りていない。

 

大体どの業界・サービスも積極採用中です。

(ファームによりますが)

 

CRMや人事など成長戦略系のポジションも

動き出しているのが最近の傾向ですね。

 

いずれのポジションもグローバルプロジェクトが多いので、

英語力があったほうがベターです。

 

詳細をお知りになりたい方は、伊藤まで。
 

【図解雑学 コンサルティング業界のしくみ】


この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?