転職活動におけるリファレンスの重要性

thumbnail

転職活動の中で【リファレンス】という言葉が良く聞かれます。
リファレンスは辞書で調べると、「参考」「参照」という意味です。

さて、転職活動の中での【リファレンス】とはどういうものでしょうか。

一般的な使われ方は、社内に応募してきた人のことを知っている人を見つけ、
仕事上の実力、素行、人間性などを聞き出すことです。

本来許可無く行うことはできませんが、上記のようなことは、
特に上層部での採用では良く行われているようです。
最近は最終面接後に、本人許可のもと、【リファレンス】を取ったりもします。

1次面接、2次面接は、良い評価で通過しているのに、最後、なぜか
急に見送りになる、、、なんてことがあったりするわけです。
そんな時には、【リファレンス】を疑うわけです。

【リファレンス】を企業が取ることの良い悪いは別として、
実態としてされてしまっているのですから、気をつけなければいけません。

対策としては、
・仕事で成果を出す
・敵を作らない
・素行を良くする
位しかないでしょう。

ただ、逆に【リファレンス】に救われることもあるのです。
例えば、体調を壊し、会社を辞めて一年以上働いていない方が居たとします。
普通は、書類選考で見送りとなるケースがほとんど。。
しかし、昔その方と一緒に仕事をした人が居て、仕事でも高い実力があり、
人間的にも優れているということを人事に口ぞえしてくれれば、、、
逆に力強いフォローにもなるわけです。

やはり、ビジネスは人と人の繋がりで成り立っているもの。
一期一会を大切にしておきたいものです。

仕事の出来る出来ない以外でも、普段から誠実に接しているか、
偉ぶっていないか、人に嘘をついたりしていないか。。。
結果的に、それが、自分自身の人生を好転させてくれるものに
なってくれることもあるわけですから。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
↑ ↑  コンサル仲間がいっぱい!

基幹サイト:http://150.60.73.234/
コンサルBiz:http://www.consul.bz/
IT READER Biz:http://www.it-leader.biz/

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?