転職後の年収UPのためには

こんにちは。
キャリアコンサルタントの最上裕司です。

どうせ転職するなら年収を上げたい。

至って当たり前の発想です。
しかしながら、実際はそううまくはいかないもの。
私も自信を持って「年収upします」と言えるケースもあれば、
「年収downを覚悟してください」と言わざるを得ないケースもあります。

では転職後の年収を上げるためには
どういう転職をすれば良いのでしょうか。


面接での評価も当然オファー年収を決定づける要素ですが、
それを考えずに挙げるなら、下記2つのいずれか、でしょうね。

 1)給与テーブルの高い会社に行く


 2)同業界の同職種(≒競合)に行く

個別に説明します。


1)給与テーブルの高い会社に行く

企業は概ね「給与テーブル」を持っており、各職位に応じた給与テーブルを持っています。
例えば、某コンサルファームの給与テーブルの目安はこんな感じです。

Analyst 450万前後
Consultant 500万~800万前後
Manager 750~1100万前後
Senior Manager 1000万~1400万前後
Senior Executive ~4000万前後

戦略系ですとイメージ的には上記×1.5。

給与テーブルの低い企業ではどう頑張って成果を出しても、知れたものです。
給与テーブルの高い企業に行くことで、必然的に年収UPが期待できます。

二次請けSIerの方がコンサルファームに転職したりすると、
年収は高くなるケースが多いですね。

逆に、既に自分が給与テーブルの高い企業に所属している場合は、
この方法による年収UPはなかなか困難です。


2)同業界の同職種(≒競合)に行く

競合に行くのも給与UPを実現しやすいです。
業務的な親和性、即戦力性はもとより、相手の戦力を減らして自社戦力を強化する。
喉から手が出るほど欲しいですよね。

ド競合でなくても、過去の経験を概ねそのまま使える、横スライド型の転職であれば
経験・スキルをほぼそのまま転用できますので、即戦力性が高く、
評価次第では年収を上げることは比較的容易。

――――――――――――――――――――――――――――――――

では、逆に下がる(下がりやすい)ケースは、というと。

上記の逆をいけばいいんですね。

給与テーブルの低い企業への転身、キャリアチェンジなどです。

コンサルファームから事業会社などが最も分かりやすい例。
少なからずキャリアチェンジも含みますので、よっぽどでなければ
この場合、年収UPは稀です。

キャリアチェンジも、私のようにNTTデータからアクシスコンサルティングへ、
というダイナミックなものでなくても、ERP導入から社内IT企画へ、
みたいなものも該当します。

100のパフォーマンスを出せる方がいたとしましょう。
元々ERPの導入をしていた方が社内IT企画に移る場合、
もちろん共通して使えるスキルもありますが、転職後にキャッチアップしなければ、
という新しい領域も多いはずです。
となると、100の力のある方が転職すると、少なくとも入社後しばらくは
70ぐらいのパフォーマンスに落ちるでしょう。

この時点で、年収1000万の方を想定すると、パフォーマンス上は
700万円分ぐらいの実力しか発揮できないわけですね。

(まぁ、上記論理に従い1000万⇒700万となるわけではなく、
入社後のキャッチアップによる期待値なども加味されます)


転職すると自動的に年収も上がるもんだ、という考えは幻想です。


年収を上げるにはそれを狙う手段や戦略がありますし、
同時に、「諦めなければいけないこと」もあります。

転職の際、年収を取るのか、はたまた、別のことを優先するのか。

迷いを感じたら是非、ご相談ください。



◇アクシスコンサルティングホームページ
◇コンサルティング業界サイト【コンサルBiz】
◇IT業界サイト【IT READER Biz】


非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×