面接・面談の有効活用

こんにちは。

 

今更ですが、私ども人材紹介会社の仕事は大きく二つの側面を持っています。

 

ひとつは、ご人材の転職をサポートすること。

 

もうひとつは企業側のキャリア採用のサポートをすること。

 

毎日求人のオーダー頂いたり、『こんな経験・スキルを持った人はいませんか?』

 

というご相談を受けたりします。

 

 

時には、

 

『○○企業に在籍している△△さんにコンタクトを取って、

 

 面談の機会を設定してもらえないか?』

 

というスカウトの相談を受けるときも多いです。

 

このように企業から声を掛けられる多くの方は、すぐに転職をしようと考えていません。

 

ですので、我々人材紹介会社の話しを聞いてみて面白そうなら

 

企業と会って話だけは聞いてみよう、というケースが多いです。

 

つい先日、とある国内系のコンサルティングファームから、

 

スカウトの依頼を受けました。

 

 

私がそのご人材にお会いしたところ、

 

『現職のプロジェクトも落ち着いてきているので企業に伺うのは良いですよ。』

 

とのことだったので、早速、面談を設定しました。

 

↓↓そして、その方の面談後のフィードバックは、非常にポジティブでした。↓↓

 

「ご面談設定ありがとうございました。いやぁ、予想以上に印象良かったです!

 

 実は面談前にこの会社を色々と調べたところ、そこまでポジティブな印象では

 

 無かったんですよ。 しかし、昨日の面談後の同社への印象はガラリと変わりました。

 

 外資系の戦略・業務コンサルタント、戦略ファームのマネージャークラスからの

 

 入社実績も多く、 ITだけでなく、戦略・業務コンサル案件も豊富に受注して

 

 いることに驚きました。また、面談したコンサルタントの方は優秀なだけでなく、

 

 これから会社を大きくして行くんだ、この業界でマーケットシェアを掴むんだ、

 

 という熱い思いで意思統一されていたのにも魅力を感じました。

 

 面談前の懸念点は、払拭されました。」

 

 

その後、数回の面接を経て、

 

正式な内定がでることになり入社に至りました。

 

  

これは、ひとつの転職成功事例ですが、

 

会社というのは外から見るのと、実際中で働くのでは良くも悪くも印象は異なるものです。

 

 

現職との違いや、特徴や魅力がイメージしづらい企業でも、

 

少しでもご関心があれば面接に臨んでみる(実際働いている人に会ってみる)、

 

ことをお勧めします。

 

皆さんも迷われている企業があればまずは面接(面談)を受けてみた上で、

 

判断してみてはどうでしょうか?

 

 

================================================

 

 

★コンサルティング業界在籍・出身者情報サイト(コンサルタントキャリアビズ):
  http://consultantcareer.biz/

★コンサルティング業界情報サイト(コンサルBiz): http://www.consul.bz/

★IT業界情報サイト(IT LEADER BIZ): http://www.it-leader.biz/

★中国への転職・求人サイト(国際人事部):http: //k-jinji.com/

非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×