【転職活動もビジネス】「面接リスケ」や「遅刻」の対応の仕方について

こんにちは。コンサルタントの稲橋です。

多くの方は現職での業務をやりつつ転職活動をされています。

突発的な業務が発生したり、急遽クライアントとのミーティングが入ってしまった…ということもあると思います。

結果として、予定されていた企業との面接にいけなくなってしまうことや、遅刻してしまうケースが発生することがありますが、このような緊急の時の対応については、人によってだいぶ違いがあります。

例えば面接が予定されていた当日に急遽ミーティングが入ってしまったという場合、

  • 予定が入った当日の朝の時点で連絡を頂けるケース
  • 面接の数時間前に連絡を頂けるケース
  • 面接の直前に連絡を頂けるケース

など。また、

  • リスケが必要な場合
  • リスケしたい旨の連絡のみの場合
  • 理由含めて頂く場合
  • 代替の候補日まで頂く場合

連絡の方法が、メールか?電話か?など様々です。

人材の方から連絡を頂いた後で、今後は私どもから企業様にリスケや遅刻の連絡をしますが、企業側の担当者の方がにつかまらない場合もありますし、必ずすぐに対応できるか、というのは状況によって変わってきます。

もちろん業務の緊迫度によって伝えられる情報や、伝え方に限界はあるとは思いますが、なるべく早く、コンタクトの回数が少ない形で済ませられると効率的ですし、企業側にもあまり迷惑をかけずに対応することができます。

逆にこのような出来事にうまく対応できないと、企業側から見ても不安に思われてしまいます。「報連相ができない?」「スケジュール管理ができない?」「そもそも転職に対する思いが弱い?」など。

転職活動をする際に予定通りに進まないということが、あるかもしれませんが、やむを得ないこともあると思います。

ただ、面接はその後のキャリアを決める重要なチャンスであり、「これも一つのビジネス」と割り切って丁寧に対応するのが得策かと思います。

遅れるとなった際に、「ビジネスであればどう対応するか?」という考え方であれば、「1時間前が良いのか」それとも「1日前が良いのか」など、適切な対応も自ずと導き出せるかと思います。

その対応の仕方で、相手からの見方だけでなく、自分のキャリアも変わって来ますのでくれぐれもご注意下さい…。

関連記事:時間を守るということの大切さ「面接開始時間5分前の【時間変更】電話」はどう見られるか?
https://www.axc.ne.jp/column/axis-column/2012/0805/1812.html


アクシスの求人のうち、
約77%は非公開です。

各ファーム・事業会社から新組織立ち上げの事前情報をいただいたり、CxOやパートナーに定期的にご来社いただき、情報交換会を開催しています。
非公開求人や独自情報のご提供、キャリアのご相談をご希望の方は、ぜひアクシスコンサルティングにご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×