「34歳」「35歳」「36歳」の転職は何が違うのか

平成19年より募集・採用における年齢制限禁止が義務化されました。

求人票などに年齢を制限する文言を記載してはいけない訳ですが、

「特定年齢層の特定職種の労働者が相当程度少ないため 」など

年齢を限定している理由を記載すれば記載出来ます。

 

ですので結論、義務化の前後で大きな違いはありません。

この件については思うこともありますが、また別の機会に。

 

年齢制限は一番多いのが35歳、続いて30歳、40歳の順になります。

35歳以下に限定されている求人は本当に35歳までをターゲットにしているのでしょうか?

 

感覚値ですが、70%以上の求人は36歳でも問題ないです。

 

そもそも求人票を作成するプロセスで、

人事部が現場のマネージャにヒアリングに行くケースが多いのです。

 

人「募集年齢はどうしましょうか」

 

マ「20代後半から35歳位かなー。」

 

 

このようにして「社会人経験3年以上35歳迄」という求人票が出来上がり、

求人メディア・エージェント等に、募集年齢35歳迄の求人票が送られてきてる可能性もあります。

実際、現場の方に直接お聞きすると、35歳迄ではなく「35歳位」という回答が多いです。

 

募集年齢35歳迄の求人が巷にあふれるとどうなるか?

「34歳だから、そろそろ転職考えなくちゃ」という方が増えます。

 

正直、34歳でも36歳でもそう変わりません。

重要なのは市場とご自身のスキル・経験です。

 

もう1個プロジェクトを経験したほうが良い場合もあるでしょうし、

現職の業務の状況もあるでしょう。

 

 

とある転職希望者の方は35歳でしたが、転職活動を1年半遅らせました。

結果は応募した企業殆どで内定を獲得されています。

最後に経験したプロジェクトが評価された為です。

 

 

年齢制限は目安位に考えて頂いて問題無いです。

ただ5歳以上乖離があると、難易度上がりますね。

年齢・待遇により、お任せするタスク自体が変わってくる確率が高いので、

面接に至ったとしてもポジション・タイトル変更での選考になるケースが多いです。

 

 

もちろん、正確に35歳迄の求人もあります。

・部門の責任者や代表が35歳等、組織のバランス上

・本当は30代前半が好ましいが、母集団形成出来ないので35歳迄広げている

・人気企業で応募が殺到、デジタルに年齢で書類選考している

などです。

 

ただ、こういった場合でも、丁寧に説明して書類通過・内定に至ったケースも数知れず。

当然ですが、採用する側は候補者の1~2歳の年齢差よりは、経験・スキル・人間性に興味があります。

 

あ、弊社でも組織構成上35歳位迄の方を採用したいと考えていますが、37歳でも38歳でも大歓迎です。

同じ目的で仕事できる方であれば、40代の方も歓迎です!

関連記事:「35歳でシュリンクするコンサル・しないコンサル」

https://www.axc.ne.jp/column/media/careertips/35Shrink

==============================

今回は35歳以下に限定されている求人は本当に35歳までをターゲットにしているのかという質問に対する答えをご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

 

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×