コンサルティング会社マネージャーのキャリア術

コンサルタントの経験値をお持ちの方は、

鍛えられた筋肉を持ったアスリートのような方が多いです。

 

論理性と行動力とストレス耐性を兼ね備えている方が多いですね。

コンサルタントの経験者を積極採用したい事業会社からの問い合わせが

増えているのも十分頷けます。

 

そんなコンサルタントでも、こと自分のキャリア戦略(術)となると

失敗している方も結構いらっしゃいます。

 

コンサルタントの転職のポイントは、

ずばりタイトルと年齢です。

 

同業他社の場合ももちろんですが、事業会社の場合も

タイトルと年齢のバランスがポイントになってきます。

理由は、事業会社でコンサルタントを採用したい企業の多くは

既にコンサルタント経験者が活躍している場合が多いのです。

上司や面接官、マネジメント層がコンサルタント経験者という訳です。

 

優秀なコンサルタントであったかどうかは、

経験年数及び年齢とタイトルでおおよそ検討がつきます。

 

例えば大手総合系ファームへ新卒(学卒)で入社すると、

順調な方はおおよそ下記のように昇進していきます。

※ファームにより異なります。

 

コンサルタント:20代中頃

シニア・コンサルタント:20代中頃~後半

マネージャー:30歳前後

シニアマネージャー:35歳前後

パートナー:40歳前後

 

ということはですね、

30代中頃でシニアコンサルタント、30代後半でマネージャーだと、

「昇進遅いなぁ」という評価になってしまうのです。

※クドイですがあくまでも新卒(学卒)入社の場合です。

 

30歳で順調にマネージャーに。

が、30代中頃になってもシニアマネージャーに昇進できる気配が無い。

次のプロジェクトで成果を出せば上がれるのか、そうでないのかは

おおよそご自身で分かると思います。

 

入社後、順調にマネージャーに上がる位の方ですからコンサルタントとしての実力は申し分ないはずです。

プロジェクトに恵まれずにシニアマネージャーに昇進できない場合も多いです。

 

このタイミングで転職を検討すると良いです。

このままズルズルと時間が経って30代後半でマネージャーのままでいるよりは

よほどキャリアが広がります。

 

マネージャー以上の方は、ご自身の数年後のタイトルを考えてキャリアを歩まれて下さい。

35歳迄マネージャーのタイトルは「貯金」になります。

その貯金を、如何に上手く活かすせるか?

 

お悩みの方はいつでもお気軽にご連絡下さい。

 

ちなみに昇進できそうな時は、新しい事にチャレンジする場合は別として、

現職に留まったたほうが圧倒的に良いです。

同業他社に転職して多少給与が上がったとしても、です。

 

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)
×