コンサルファームから事業会社へのエグジットに必要なこと

こんにちは。
アクシスコンサルティングの福原です。
 
 
先日、とある企業の新規事業開発部のマネージャーにご来社頂き、
 
募集ポジションの採用要件や募集背景についてミーティングを行いました。
 
 
「医療×IT」の切り口で事業を展開し、業界内でも高い成長性を誇る同社。
 
今回の募集は、新たな事業を創り出すビジネスプロデューサーです。
 
 
この採用ターゲットについて、コンサルタント経験者の可能性を伺ったところ、
 
『必ずしもマッチしない』との回答がありました。
 
 
マネージャー曰く、
 
『コンサルタントは様々な業界・企業の課題解決の経験・ナレッジを持っており、大変優秀な方が多い。
 
 しかし、新規事業に携わる上で大事なことは“自身で決定を下し、泥臭くやり続けられるか”』とのこと。
 
 
この点、コンサルタントは高度な課題に取り組むものの、決定そのものはクライアントに委ねます。
 
そのため、コンサルタント経験者の面接をする際には、以下の点をじっくりとヒアリングするそうです。
 
 
 ●プロジェクトにおいて、圧倒的な当事者意識を持って主体的に取り組んできたか
 
 ●評論家ではなく、クライアントの懐に入り込んで支援をしてきたか
 
 ●自身のキャリアビジョン価値観が明確でブレがないか
 
 
お話を伺い、特に“圧倒的な当事者意識”という言葉がキーワードであると感じました。
 
 
このように考えると、コンサルタント経験者を求める事業会社は多いものの、
 
それ自体は必須要件ではなく、尚可要件であるケースが多いのではないかと思います。
 
 
 
事例をもう一つ。
 
 
私が担当している外資素材メーカーの製造部長ポジションにて、
 
大手コンサルティングファームに在籍されている方がカジュアル面談をした際の事例です。
 
 
この面談では副社長にご対応頂き、会社のビジョンや事業内容・期待する役割・社風など、
 
ざっくばらんにお話し頂きました。
 
 
企業側からは、ご本人のスキルや専門性は申し分ないとの評価がありましたが、
 
一点、副社長からご本人へ
 
『事業会社ではひとつの事業・商材に長く携わることになるため、
 
 事業会社にエグジットする際には“覚悟”が必要』とのお話がありました。
 
 
ご本人も面談を通してこの点の大切さを理解され、
 
『自身はコンサルタントとしてのキャリアを継続すべき』という結論を出されました。
 
 
 
このように、コンサルタントからのエグジットでは、
 
面接で“圧倒的な当事者意識”をアピールする必要があると同時に、
 
ご自身にも本当にその“覚悟”があるのかを熟考することが必要になります。
 
 
※これらのことは、企業と直接面談をし、生の情報を収集したからこそ気づけることも多いはずです。
  
 ご関心を持たれた方は、是非お気軽にご連絡ください。
 

非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×