役職・年収の上げ方:適材適所を意識する

thumbnail

転職であっても、自社でも「適材適所」を意識したほうが、役職・年収は上がりやすくなります。

客観的に自分の適所はどこなのか?を考えるという事です。

まずは、「なりたい自分」や「やりたい仕事」を抜きにして、自分の適所を考えてみます。

 

 

コンサルティング会社間の転職の場合は比較的分かりやすいです。

 

例えば、ビジネスコンサルティングに強みを持っている方が、いるとします。

しかし現在所属するファームは大型のITプロジェクトでのPMが評価されがち。

だとすると、ビジネス系に強いファームに転職した方が評価は上がります。

今の景況感だと役職と年収、両方上がる方も珍しくありません。

 

 

「適材適所」で役職も年収も上げられる。

逆にいえば、異業界・異業種への転職はポテンシャルになりますから

「適材適所」では無く、年収も役職も下がる可能性が高いという訳です。

未経験の新しい領域にチャレンジしたいけど、年収も維持したいというのは

余程、運が良くないと叶わないという事です。

 

 

単純に考えると当たり前ですが、転職する動機は一つではなく

複雑ですから難しいですし、悩みますよね。

 

 

たまには単純に考えてみるのも、

Careerを整理する上で良いと思いますよ。

 

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?