3年後5年後の自分への求人票

thumbnail

 

先日、転職されたAさんから、

最終的に複数の会社の中から入社を決断する際の

お話を伺う機会がございました。

 

当時Aさんは

・事業会社の人事部門

・コンサルティング会社 M&A専門領域のチーム

のどちらかで悩んでおりました。

 

当時、私としてはどちらを選択をされるのか、

公平に両社の情報提供をしながら見守っておりました。

そして、Aさんは最終的にコンサルティング会社を選択されました。

 

「いやぁ、あの時に、かなり悩んだんですよ。

 事業会社の方々も是非来てほしいと言われてましたし、

 心が揺れたのですが、、、

 最終的には荒木田さんが見せてくれた求人票で決めたのです

 

ふと私思い出しました。というか忘れておりました。

Aさんが悩んでいるときに、

 

「コンサル会社に入社後M&A領域の知見を得る事で、

具体的に3年後、5年後はこんな求人にチャレンジできそうですね!」

 

という感じで私が求人票をお渡ししたのです。

 

Aさんにとって3年後5年後の求人票が今後の道標になったそうで、

ものすごくハッキリとキャリアパスが見えたそうです。

求人票がこれから大きな航海に出るうえでの海図になるのでしょう。

 

当たり前のようなことなのですが、私、この視点が欠けていた

ように思います。

皆さんが今後経験する内容次第で、3年後5年後は

こんな求人にチャレンジできますよ!

という視線をもっともっと取り入れないといけません。

 

こうしてまた、勉強させてもらいました。

キャリアコンサルタントとして勉強することは、

まだまだ沢山ありそうです。

 


この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?