日本の履歴書は米国ではほぼアウト ~日米雇用環境の違い~

thumbnail

弊社HPのリニューアルに伴い、久々の更新です。

企業に応募する際に提出する履歴書。
ごく一般的なもので、概ね下記のような項目があると思います。

・氏名
・顔写真
・生年月日、満年齢
・性別
・現住所

・連絡先(電話番号/Eメール)
・学歴
・職歴
・免許、資格
ちょっと書く項目が多いとこんなのもありますね。
・趣味
・スポーツ

・健康状態
・志望動機
・最寄り駅
・通勤時間
・扶養家族
・配偶者、扶養義務


何気なく書いている履歴書ですが、ところ変わって米国だと、ほぼNGとなります。
赤い文字にしたところがNGな項目。
志望動機などもあまり重視はされません。

業務に求められるスキルとは何ら関係ないと見なされるためです。

日本の場合、従業員に業務を紐付けます。
長い目で従業員を育成することも視野に入れており、
例えば任せていた業務がなくなっても、別の部門に異動させるなどして、
従業員を中心に考えます。

一方米国では、業務に適切な従業員を充てるという考え方です。
業務ありきで、そこに必要な即戦力を補充します。
従って、その従業員が若かろうが高齢であろうが、どこに住んでいようと、
何が趣味で結婚しているかいないか、というのは業務を遂行する上で関係ない情報なのです。


日本では一応、改正雇用対策法にて
「募集・採用における年齢制限の禁止」が謳われています。

実態としては形骸化しており、例外要件を無理矢理当てはめたりして
抜け道を作り、実際は年齢要件による制限を相当に加えています。
(そもそも公務員になるのも年齢制限があるので、なんのこっちゃ、という感じですが)


米国の雇用環境はそういう意味ではとても潔いな、という印象もありますが、
一方で従業員を育成する、みたいな発想があまりないため、
どうしてもスキルや経験の少ない若年層には厳しい世界です。

どちらが良くて、どちらが悪いというものでもありませんが、
ただ、日本の場合は法律やガイドラインで定められたことと、
実態とが随分かけ離れているな、とは思います。

 

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?