退職活動が一番大変?

thumbnail
こんにちは。
コンサルタントの稲橋です。
 
無事に転職を希望する企業から内定を頂き、転職活動も一段落。。
まずは転職を希望する企業から内定を頂くというというのは大変なことではありますが、
転職活動は内定をもらって終わりではなく、当然、現職の方であれば退職活動を行う必要があります。
 
現職は退職する人も結構いるし、転職する人に対してそんなに引き留めはない!
と考えていらっしゃる方も多いのではないかと思います。
 
ただ、実際には自身が想像しているより退職活動は大変と考えておいた方が無難です。
 
もちろん、今後のキャリアを考えると、他の会社に転職した方が良いのでは、
ということで自身の意見を尊重し、すんなりOKを出してくれるケースもあると思いますが、
どちらかというと少数になるのではないかと思います。
 
上司としても部下の退職を引き留めるというのは仕事の一つにはなりますので、
様々な条件を提案して退職を引き留めようとします。
 
年収アップや希望する業務をやらせてあげる(部署異動)といったことは当たり前。
何時間も時間をかけて説得し、どうにか転職を辞めてもらうよう交渉…。
 
また例えば大手企業の場合でも、若手社員がやめようとすると役員クラスや
場合によっては社長が出てきて引き留めるというケースもあるようです。
 
若手の方からすると、自分のために会社の役員や社長が引き留めようとしてくれる、
という予想もしてなかったことにある意味感動して、転職への気持ちが揺らいでしまう、
ということもあるかと思います。
 
ただ、いずれにしても一度辞めると言った後で現職に残ることのデメリットを考えると、
現職に残るという選択肢は賢明ではないと思います。
 
上記の引き留めについてはほんの一例ですが、意外と転職活動の中でも退職活動に苦労した、
という方は多いですし、一番重要なポイントになると思います。
 
現職は簡単に辞められると安易に考えずに、相当な引き留めがあると想定して退職活動に
望むことをお薦めします。
この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?