ITコンサルタントになるのに有利な資格はありますか?

資格が無いとITコンサルタントになれない?

ITコンサルタントを目指しているシステムエンジニアの方から、「ITコンサルタントになるのに有利な資格はありますか?」という質問を頂くことがあります。

結論から言うと、「これを取得していれば絶対有利になる!」と断言できる資格はありません。

資格を持っていなくても、システムエンジニアからITコンサルタントにキャリアアップされる方もいますし、活躍しているITコンサルタントの方も数多くいます。

「それでは、資格はいらないのか?」と言われると、そういうわけでもでもありません。

資格2.jpg

資格を取ることでアピールできる点は?

コンサルタントの仕事は、クライアントの課題を解決するために常に考え、答えをつくり出すこと。コンサルタントに必要な最低限の能力は、考えることが好きなこと、勉強することが好きなこと、やり抜く力があることです。

そのため、資格を取得することは、コンサルタントにとって必要な「勉強するという行為ができること」を証明することになります。

また多忙な業務の合間に、睡眠時間を削りながら勉強して資格を取得している方などは、ハードワークの中でもインプットをし続ける、コンサルタントのワークスタイルにフィットしている点が評価に繋がります。

資格.jpg

どんな資格が良いのか?

コンサルティングファームには、クライアントとの折衝やプレゼンテーション、上流工程などに強いコンサルタントはいますが、しっかりとシステム開発工程を経験していて、体系的に学んでいる人材は多くありません。

キャリア採用で補強したいのは、しっかりとシステム開発工程を経験し、体系的に学んでいる人材。まずは『情報処理技術者系』の資格を取得しているとアピールになります。

情報セキュリティ、ITリスク系のニーズもかなり増えてきているため、当領域に関心がある方は、『情報セキュリティ』や『システム監査技術者』などを取得していると良いでしょう。

プロジェクトマネジメントの『PMP』はもちろん、ITは導入して終わりではなく、その後どのように運用していくかで真価が問われますので、『ITIL』の評価も高いです。

また、コンサルタントにとって会計知識は必要不可欠なので『簿記2級』以上もおすすめ。英語を使う機会も多いため、TOIECも受けておいた方が良いでしょう。

しかし、資格を取得すること自体が目的になっては本末転倒。コンサルティングワークにおいて、体系的に得た知識から、クライアントへ質の高いアウトプットを提供したい。そのために、がんばって資格を取得する。

この志をしっかり持っていれば、必ずマーケットやクライアントから評価されるITコンサルタントになれると思います。

ITコンサルタントを目指している方は、ぜひ、目的意識をしっかり持って資格の勉強に取り組んでください。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?