求められる40代になるために、30代のうちにやっておくべきこと

現職に留まるか、転職するか、迷える30代

実務経験を10年以上積んできた30代は、人によっては役職もつき、マネジメントの仕事に携わる方も多いと思います。

一方、今後の方向性、将来性など、良くも悪くも自分の社内でのキャリアが見えてくるのがこの時期かもしません。

このまま今の会社でキャリアを積んでいてよいのか、それとも違う場所でのキャリアを積むべきなのか、現職で上手くいっている方ほど迷いが生じるようです。

では、自分のキャリアについて、特に30代のうちに考えておくべきことは何でしょうか?

30代2.jpg

40代で求められる能力とは?

20代はチャレンジをすること、効率を度外視して大量のタスクをこなすことが重要です。

一定の量を経験して初めて、仕事の勘所や効率といったものが突然わかる時がくるもの。ビジネスマンの基礎固めと同時に、ある程度の専門性が身についてくる時期です。

30代は今までの経験を仕組化して、実績をあげる時期。成果を出し続けることで、自分のスキルをさらに昇華させ、他社でも通用するスキルにまで磨いていき、自分の専門性を高めていく時期と言えるでしょう。

また、専門分野でネットワークを築いていくのもこの時期。社内外で高いレベルの人脈を築くことを意識しましょう。

さらに、専門性を活かして、仕事の幅を広げることや経営の視点を学ぶことも重要です。

30代のうちに専門性を高め、人脈を築き、仕事の幅を広げ、経営の視点を学ぶことができれば、40代・50代では、新たにビジネスを創出する、独立する、など複数の選択肢が実現可能になります。

30代.jpg

市場価値の高い40代になるために

転職マーケットから見ると、20代よりも実務経験があり、40代よりも体力がある30代は、ある意味で転職するのに最もふさわしい時期と言えます。

転職という行為そのものが、ストレスフルなことなので、40代以降に初めての転職となるとリスクも大きくなってきます。

自分の能力をさらに高めたいと感じている30代の方は、社内だけでなく、社外にも目を向けることが重要でしょう。

特に新卒で入社して1社しか経験していない方は、自分のキャリアが外部でどう評価されるのか、今の自分のキャリアの可能性を知る機会を持ち、自分の価値を知ることが重要です。

市場価値の高い40代になるために、今のままでいいのかと迷っている方は、中長期的な視点でキャリアのアドバイスをしていますので、お気軽にご相談ください。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?