コンサルティング業界転職 中途採用動向

『日本人材ニュース 2015.10.10 vol.273』にアクシスコンサルティング・エグゼクティブコンサルタント/執行役員、伊藤文隆のレポートが掲載されました

中途採用/人材派遣動向レポート「人材不足でスペシャリストは40代以上に採用広がる」というコンテンツでコンサルティングの中途採用動向についてレポートしています。

<レポートの概要>

サイバーセキュリティの脅威深刻化でセキュリティ領域のニーズ高まる

コンサルタントの採用ニーズが高まるなか、特に求められているのがセキュリティ領域。

コンサルティング会社は、セキュリティ領域のサービスを拡充し、人員確保を目指しているが、経験者が市場に少なく苦慮している。

採用対象者としては同業他社の他、セキュリティ製品の導入やプリセールスの経験者。また、ネットワークエンジニアも対象となるケースがある。

特に重要視されてきているのは英語スキル

スキルとしては、グローバル案件が増えているため、語学力(特に英語)が重要視されている。

候補者は「売り手市場」ととらえ、待遇面の向上だけでなく、上流の工程を経験が積めるといった業務内容にこだわる人が増えている。

また、人員不足により現職からの引き留めも強化されていることから、内定しても残留するケースもあるため、同業他社からの転職にはカジュアル面接が有効。

ポテンシャル採用の成功事例

ポテンシャル採用の場合は、その定義を少しずらすとうまく行くケースがある。例えば人事コンサルタントの場合は企業内の人事経験者がポテンシャル採用に該当するが、逆にITなど別領域のコンサルタントを採用し、人事知識を身につけてもらうなど。

ITからビジネス領域に行きたいコンサルタントは多く、ベーススキルは持っているためキャッチアップも早い。こうした取り組みをしている会社の採用は成果が出ている。

詳しくは『日本人材ニュース』をご覧ください。

http://www.jinzainews.net/carticle4/body/365797c32301b0d6025f345d2d35f249

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial