起業するのにコンサル経験は役に立たない?

コンサルの経験は起業の近道?

「将来起業を考えているので、コンサルティングファームに行きたいです」。そんなご相談をよくいただきます。確かにコンサル出身で創業された経営者は多いですね。

しかし、例えばDeNAを創業された南場智子さんは「コンサル経験は、経営者としては役に立たないどころか、邪魔になることが多い」と著書『不格好経営』などで話しています。

→不格好経営

はたして「起業したいからまずコンサル」というキャリアプランはありなのでしょうか? もちろん自分の置かれた環境をどう活かすかは人それぞれ。正解はありません。

起業2.jpg

コンサルファームは選択肢のひとつに過ぎない

結論から言えば、「起業したいからとりあえずコンサル」というのはおすすめしません。もちろんコンサルタントとしての経験で起業に役立つことも数多くあります。

しかし、「コンサルになれば起業できる」というほど、コンサル経験と起業に要求される能力とはリンクしていません。

加えて、コンサルと言ってもその業務は実に多岐にわたります。グローバルな大手企業の経営戦略のコンサルティングもあれば、ERP導入やPMOなどのITコンサルティング、あるいは中小企業の経営にハンズオンでズブズブ入り込むコンサルティング等々。起業に必要なスキルとはほど遠いものもあります。

場合によっては不動産投資のテレアポや、スタートアップ企業で創業者の隣であらゆる雑務をこなすほうがよっぽど起業に活かしやすい経験であることも多いです。

あまり本気で起業を考えていない方に限って、まだ起業に近しいであろう中堅企業の経営にハンズオンで入り込むブティック型のコンサルファームや、あるいはスタートアップ企業などをおすすめすると、「あまりに小さいところは安定感が…」「年収下がりますよね」などと仰います。

起業したらそれこそ安定感なんて皆無ですし、軌道に乗るまでは年収への期待値もゼロに等しいわけですが、要するにそこまで本気ではない、ということなのだと思います。

そういう時は「とりあえず起業って言ってみたかっただけで本気ではないのです」と白状していただいたほうが、ずっといい会社をご紹介できますよ。

起業3.jpg

本当に起業する人は、「起業のため」の転職はしない

将来起業をしたい、という夢を描くことはとても素晴らしいと思います。そう思ったら具体的に「いつまでに」「何を」「どんな風に」「どのレベルまで」と落とし込み、行動しましょう。

「まだタイミングじゃない」という方にはいつまで経ってもタイミングは訪れません。

いきなり退職して起業する自信がない、という方は、転職して自信を持てるまで修行するのではなく、今の環境下で「週末起業」のようなスモールスタートができないか考え、四の五の言わずに起業してしまったほうが良いでしょう。

起業している方の多くは、起業しようと思い立った瞬間、実行しているのです。その上でリスクをどう抑えるかを考えるほうが建設的ですよね。

コンサル経験が起業に全く役立たないということはありません。数倍のスピードで成長すると言われる業界ですし、コンサル卒業生で起業されている方も実際多いのですから。

しかし起業が目的なら手段は他にもたくさんあります。まず選択肢を考え、それぞれの選択肢について評価することです。

そもそも本当に起業をしたいのか? 何で起業をしたいのか? 自分の得手不得手は何なのか? 必要なスキルはコンサルティング業界でなければ得られないものなのか?

起業に向けてコンサル業界が頭に浮かんだ方は、ぜひ自分の胸に問いかけてみましょう。

「将来起業するかどうかは分からないし、機会があれば考えないでもないけれど、今はハードでプレッシャーのかかる環境で、いろいろな経営者のサポートをしたい」と自分の腹に落ちた方は、迷わずご相談ください。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?