自身の棚卸しを行い自己一致した中で、自分のキャリアを決断する

thumbnail
  • 20代後半 男性
  • 日系SI大手企業大手外資コンサルティングファーム
  • 550万円 620万円

Fさんの転職理由は「顧客とより近い関係で仕事をしたい!」。
大学卒業後に現職のSIerへ入社。
システムを納入することがビジネスのメインになっており、
活躍し実績を残してきました。
しかし、「より上流工程のフェーズを上手く推進していかなければ、
必ずしもPJは成功しないと!」そう考えたFさんは
転職する事になりました。

【初めての面談】

Fさんは、非常に明るくロジカルでメンタル的にも強そうなタイプの
20代後半の方。初めてお会いした際、転職理由をお聞きしたところ
「顧客とより近い関係で仕事をしたい!」と即答。
Fさんは、先行きが不安な日本において、
台頭してくる中国・韓国・インドなどに負けないためには、
個人としてもビジネススキルをもっと向上していく必要があると考え、
「3倍のスピードで成長できる」と言われる
コンサルティングファーム(特に外資)で次のキャリアを築きたいと
考えているとおっしゃられていました。
よくよく話を聞いてみるとしっかりとした目標設定ができている方でしたので
現在の転職マーケット情報や同じ経験を持ちコンサルファームを目指す方の
志向性の共有などが初回面談となりました。

【面接の準備】

Fさんが今後やっていきたい仕事、キャリアを整理し、
業界に関する事前準備資料を提供。
1つの業界であっても会社ごとのカラーが違うことを説明し
志望動機書の作成ネタが整ってきました。
面接は上手く答えられなかった質問などに対して、
なぜ上手く答えられなかったか分析し、次の面接(違う企業であっても)
までには自分の考えをブラッシュアップしていきました。

【面接/内定】

面接準備で方向性が明確になったので、
もちろん後はとんとん拍子で選考が進みました。
ただし、外資コンサルファームだけでなく
日系コンサルファームも応募していただきました。
コンサルファームを数社面接し企業側からの評価も高く順調でした。
ところが、1次面接通過!2次面接も通過!の際、
Fさんはどの企業も同じように見えてきてしまい
最終のフェーズで悩み始めました。
事前準備のフェーズでは違いを各社に感じていたのですが
期待されるコメントや評価ポイントが各社同じであった為、
迷ってしまい決断ができない状況が続く事になりました。
大手外資コンサルファームのITコンサルタント、
日系コンサルファームのITコンサルタントと
選択肢が多くなってしまったからです。
Fさんは非常に多忙な方でしたが
各オファー企業との会食のセッティングをさせて頂いた事により
面接の場と違ったコミュニケーションが各社様とできました。
また十分に検討する時間を各社様からいただけたのが
良かったのかもしれません。
最終的には、大手外資コンサルファームを選ぶ事になり、
選んだ理由はより上流工程ができる点、面接官の方の印象と会食の内容で
決める事になりました。
Fさんは、しっかりとご自身の棚卸しを行い自己一致した中で
自分のキャリアを決断しました。
本人にとっても大きな自信と成長につながったのかもしれません。
今後のご活躍を祈願しております!

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?