後悔しない転職のために

thumbnail

後悔しない転職のコツ。

それは、転職先の企業について、どこまで詳しく知っているか、ということにかかってきます。

入社後に「こんなはずじゃなかった」ということにならないために、思い違いや思い込みは極力つぶした上で、納得いく形で入社することがベストです。もちろん限界はありますが。

では、どうやって企業の情報を知れば良いのでしょうか。
当該企業に友人・知人がいればそれがベストですが、そううまい状況があるとは限りません。


■インターネットによる検索■

まず思いつくのがインターネットによる検索です。
が、正直、企業のオフィシャルな情報は信頼に値しても、いわゆる某巨大掲示板などの情報については、あまり鵜呑みにしすぎない方が良いでしょう。

「火のないところに煙は立たず」と言いますが、「火のないところに煙が立ってる」ケースも散見されます。


■エージェントに聞く■

有効な手段です。
気をつけなければならないのは、基本的にはエージェントは良いことを中心にお伝えし、ネガティブ情報はオブラートに包んだ話し方で伝えます。その辺の見極めは重要です。
もっとも、エージェントも人間、しっかりと関係が築けていれば、「ぶっちゃけ…」といった話も聞けるはずです。


■とりあえず受けてみる■

実はこれが最も有効かつ信頼できる方法なのではないかと思います。エージェントに聞いても、所詮それは他人の第三者的情報。やはり自分が当該企業の社員に会って、話して、どう感じるか、それが最も信頼できます。

とりあえず受けてみて、書類が合格すれば、面接に進みます。
面接は、候補者側が選ばれる場、でもありますが、同時に候補者が企業を見定める場でもあります。面接では質問をされるばかりではなく、必ず質問をする時間もありますので、気になることは何でも聞いてみればいいのです。

さらに。

内定をGETすれば、更に突っ込んで企業のことを聞くことができます。人事だけではなく、例えば現場社員に会わせて欲しいとか、そういったオーダーを投げることもできます。
入社した時に一緒に働くであろう人と事前に会えれば、より具体的に仕事のイメージも湧くでしょう。



我々は常々ご人財に対して、エントリー=入社、ではないですし、内定=入社、でもないことをお伝えしています。
「興味はあるけどよく分からない」という企業については、何はともあれ受けてみて、面接に進み、そして内定を獲得してから、本当に自分にFITしているか考えれば良いのです。その結果、合わないのであれば辞退すれば良いだけの話です。

受ける前から「ここは何となくFITしないんじゃないか?」という、特に根拠のない想像だけでエントリーを見送るのは、実は重大な機会損失かも知れません。

情報収集がてら、気軽にエントリーして、内定を採ってから考える。実はそんな気楽さがこんな時代には合っているのかも知れません。




この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?