ビジネスリーダー候補への推薦本【ハーバードからの贈り物】

thumbnail

先日、弊社の代表から一冊の本を渡されました。
ハーバードからの贈り物
2004年に出版された本だそうで、既に読まれている方も
多いことと思います。

この本は、ハーバード・ビジネススクール伝統の期末最後の授業が
掲載されています。選りすぐられた15名の教授、期末最後の授業である。

だからといって、専門性の高い、難しいお話ではなく、
人生でありえる普通で当たり前なことを教授陣は最後の授業で
話しているのである。

ハーバードのMBAスクールに来ている学生は、
将来ビジネスリーダーとなり色々な人や組織に影響を与える立場となる。
その立場になる前に、各教授陣が、将来のビジネスリーダーへ贈る
心構えを諭したものだと思う。

今後リーダとして権力を持つだろう人間に対して、
15名の教授が絶対に忘れてほしくない【人としての考え方】
一つ一つ教えてくれる良書だと感じた。

特に下記の3話を読み、強く心に感じた事。

【剥製の鳥】
・ごくわずかの信頼できる情報で、リーダーは結論を出さなければならない。

【同窓会】
・ハーバードの同窓会には出るな。出ても他人との境遇を比較してしまい、
 リスクを負った選択できなくなる。成功の定義は人とは異なる。

【サラの物語】
・重大な決断を下すその時には、その会社で働く人というのは、ただの「数字」ではなく、
 それぞれに家庭があり誰かのために働いていると言うことを忘れないで欲しい。
 
 
読んだ皆さんの心にも、琴線に必ずや触れるだろうお話ばかりである。
ただ、問題は、数日経つとこの手の話はすっかり忘れてしまうことである。
 
私は、毎朝出社前に1話ずつ読み進めていた。
しかし2週間経つと最初に読んだことを忘れてしまったのである。
 
人間は忘れやすいものであり、弱いものである。
この授業を受けた、ハーバードの卒業生は、どの程度覚えているだろうか。。
 
このような良書は、何度か読み返す必要があると感じました。
ビジネスマンとして、そして自分のビジネスの場でのポリシーを
しっかりと確立するためにも。

是非、皆さんも機会がありましたら読んでいただくことをお勧めいたします。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?