オファー面談で確認すること

thumbnail

コンサルティングファーム等では、内定の連絡の後に

オファー面談(条件提示面談)があります。

簡単に言えば、

「この条件で入社頂けませんか?」

「ご入社を決断する上で、ご不明な点はございませんか?」

という内容です。

このオファー面談、入社を決める大切な場ですので、

単純に年収・待遇の確認をするだけでは勿体ないです。

では、どんな事を確認したら良いのでしょうか?

 

・面接のフィードバック

 何が評価されてオファーが出たのか?

 期待されている内容と自身のやりたい領域を確認

・想定されるプロジェクト

 決まっているのであれば、事前準備が可能です。

・待遇面

 今後の待遇面の伸びしろ。

 順当に行けばどの程度待遇が上がるのか?

 入社時の年収だけではなく、中期の年収を確認

・プロモーション(昇進)

 時期と基準について。

 

少なくとも上記は確認しておいたほうが良いです。

入社後のイメージがグッと湧きますよね。

コンサルティング会社のプロモーション・待遇などは

私でもお答えできますが、確認の意味を込めて。

オファー面談は条件を確認する場ではなく、

入社後のイメージをクリアにする場ということですね。

================

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?