採用セミナーを有効活用する

thumbnail

お盆も過ぎいよいよ秋の採用シーズンに突入です。

外資系は通期・上期、日系は下期の採用計画・バジェットが決まり、

多くの企業で採用が積極化します。

 

採用を効果的・効率的に推進する方法のひとつに「採用セミナー」があります。

優秀な人材に対して自社のアピールを行い、

場合によっては積極的に候補者個人とコミュニケーションを取るケースもあります。

 

採用セミナーはある意味、企業サイドのアピールの場ですが

使い方によっては転職希望者のほうがメリットがあります。

 

1,転職理由・志望理由

例えば、SEからITコンサルタントへキャリアを変える時は、

面接の際に、志望理由の前になぜコンサルタントなのか?を語る必要があります。

本を読んだり、ネットで検索すれば、ある程度情報を得られるものの、

コンサルタントの話を直接聞くのに比べると、圧倒的に情報の質が異なります。

企業の採用セミナーでは他企業で面接に進んだ際にも使えるキーワードがたくさん出てくるのです。

 

当然、意中の企業の採用セミナーであれば、効果は更に増します。

志望理由を聞かれた時に、「採用セミナーで●●という話しをお聞きして、非常に興味を持った」

と説明すると、説得力が全然違いますよね。

 

2,正式な採用プロセスではない

例えば、通常の応募の場合は、プロセスの途中で方向性に乖離を感じて、

選考を辞退した場合に当然選考辞退の履歴が残ります。

採用セミナーの場合は辞退ではなく、セミナーに参加した履歴のみが残っています。

将来的にキャリアの軸や景況感等の変化により再度応募したくなった時に、

過去に選考を辞退した人とセミナーに参加した人では、企業側の印象が全然違いますよね。

 

 3,事前にアピールが出来る

採用セミナーでは、必ずQ&Aの場があります。

ここで印象的かつ聡明な質問をすると、良いイメージが残ります。

採用プロセスに進んだ際にプラスからスタートするのです。

 

これはかなり大きいです。

面接自体は1時間程度しか時間がないので、

プラスでスタートできれば高い確率でプラスで終了出来ます。

実際に企業側から「先日、セミナーに参加されたAさんへ是非正式応募頂くように伝えて欲しい」

というフィードバックは結構ありますし、その場合は選考の結果も良いですね。

 

 

他にも色々とありますが、3点ご紹介させていただきました。

勿論、時間というコストは当然掛かりますので、その企業の採用セミナーに参加するか否かは

ご自身でご判断頂ければと思います。

 

◇現在の採用セミナー⇒ http://150.60.73.234/seminarentry/

 

▼コンサルタントキャリアビズのホームページでもコラム執筆中です!▼
 http://www.consultantcareer.bi z/prelusion/

【図解雑学 コンサルティング業界のしくみ】  


★twitterにてツイート中!Follow me Please!★

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?