コンサルタントからトップセールスへ

thumbnail

最近はFacebookやLinkedInなどSNSがメジャーツールとなり、

疎遠になっていた人達と久しぶりにコンタクトが出来るようになりましたね。

つくづく便利な世の中になったと思います。

 

 

先日、SNSの御利益で昔の友人と再開・食事をしました。

会うのは5年ぶりくらい。

昔、仕事では少し交流があった程度ですが、

気があったこともあり当時はちょくちょく飲みに行ったりしてました。

が、私が転職したこともあり疎遠に。。。。

 

 

そんな彼は元々大手外資系コンサルティング会社のコンサルタント。

私が知り合った時はベンチャー企業で営業をしていたのですが、

コンサルティング業界の事を色々教えてもらいました。

 

 

数カ月前にSNSで交流が復活。

近況どうよ?みたいな流れになって食事することに。

 

 

彼は大手外資系企業に転職していました。

しかも数百人いるチームの中で、毎年AWARDを受賞していました。

(副賞は海外旅行!)

 

 

私「どうやったらあの会社(結構有名です)でNo.1になれるの?」

 

彼「時間の使い方だよ。テレアポ・訪問・移動・資料作成の時間管理をしっかりしている。」

 

私「どういう事?」

 

彼「労働時間って決まってるでしょ。生産性の高い(売上に繋がる)業務の比率を意識している。

  例えば、移動時間・資料作成は直接顧客と接してない。ここを効率化するの。

  移動時間が多くても売上は変わらないから。ほら、こんなアプリがあるよ。」

 

彼が見せてくれたのは、iPhoneの時間管理アプリ。

1ヶ月間の労働時間の比率を可視化出来るそうです。

 

コンサルタント時代から、どうしても営業にチャレンジしてみたかったそうで、

ベンチャー企業へ転職。ベーススキルを身につけ大手外資で大成功。

 

私「ところで営業に馴れるの大変だったでしょ。」

彼「あぁ、基本コンサルタントと変わらないよ。目的は一緒、手段が変わっただけ。

  仕事の進め方とか、思考力とかはファームの時と変わんないし。」

私「・・・・。」

 

 

ベーススキルをファームで身につけ、今でもそのスキルを使っているとの事。

彼にとって営業職は「天職」で、コンサルタントは営業で輝くための素地だったようです。

 

 

▼コンサルタントキャリアビズのホームページでもコラム執筆中です!▼
http://www.consultantcareer.biz/prelusion/ito/ 

【図解雑学 コンサルティング業界のしくみ】  都内有名書店/Amazon他で好評発売


★twitterにてツイート中!Follow me Please!★

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?