面接と何が違う?「カジュアル面談」とは。

一般の方には馴染みが無いと思いますが、面接ではなく「カジュアル面談」という選考プロセスがあります。英語でinformation sessionとも言います。

例えば、クライアントから「A社の金融システムに詳しいマネージャであれば、カジュアルな形式で是非お会いさせて頂きたい」などと、依頼を頂きます。カジュアル面談は簡単にいえば、「ディスカッションし理解した上でお互い良ければ正式な選考を進めましょう。」という事です。  

内容は会社や組織・業務の説明に終始することもあれば、ビジネスに対するアプローチの仕方や考え方などについて意見交換する場合もあります。一昔前のカジュアル面談は、エグゼクティブの方が対象になるケースが多かったのですが、最近では若手に対して積極的にカジュアル面談を実施する企業が増えています。理由は若手の優秀層が売り手市場になっているためです。言い換えれば1対1の会社説明会と考えて頂ければと思います。

エグゼクティブはともかく、若手の方でカジュアル面談に行かれる方は注意が必要です。立ち振舞やコミュニケーションスキルは必ずチェックされています。面接では無いので志望動機の確認や厳しい質問などは当然無いですが、「是非正式に選考プロセスに進んでいただきたい方」と、「興味があれば選考プロセスに進んでいただきたい方」ではその後の面接の通過率に大きな差が出ます。

カジュアル面談のフィードバックは社内でも当然共有されますので、前者は一次面接時から口説いてくれる場合もありますし、良い印象から面接がスタートしている時点で通過率が高いのです。一方後者は通常の面接になってしまいます。もちろんカジュアル面談で様々な情報が得られるという意味では有利ですが。。。

カジュアル面談からスタートしたほうがオファーの確率が高くなるのは事実ですが、本質的な事で言えばカジュアル面談と通常の面接は変わりません。ちょっとした興味程度でもカジュアル面談に行かれる際は、事前にその会社のホームページをしっかり確認するなど是非前向きな姿勢で臨んで頂ければと思います。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?