長すぎるより短すぎた方が良い

こんにちは。
コンサルタントの稲橋です。
 
面接の結果、お見送りとなってしまう理由として、
スキル不足やスキルアンマッチというケースは
良くありますが、それ以外の理由の例として、
話が長すぎる、というケースがあります。
 
面接というとやや緊張する場になるのも一つの原因だと思いますが、
何とかこれまでの経験などをアピールしようと必死になり、
面接官から聞かれていないことまで色々と話してしまい、
結局何が言いたいのか伝わらなかった…、
という方は意外と多いと思います。
 
また、話している方の時間の感覚と、
話を聞いている方の時間の感覚は違うことも
注意が必要です。
 
例えば話す方の5分間というのはあっという間に
過ぎてしまいますが、聞いている方の5分間は
内容によっては途中から苦痛になってしまい、
いつ話が終わるのかな?と感じてしまうものです。
 
もちろん長すぎず、短すぎずがベストではありますが、
相手に合わせて適度な時間話すというのは難しいものです。
 
アピールする部分をきちんと絞って伝える必要はありますが
自身の感覚では短すぎるのでは?と感じるくらいでも
聞いている方としてはちょうど良い場合もありますし、
短すぎる場合は、面接官の方から深掘りして聞いてくれるので、
それに答えていくことで対応が可能です。
 
逆に長すぎる場合には、伝えたいことやポイントが
不明確になってしまい、印象としては良くありません。
 
どうしても少し話したい内容が多くて長くなってしまいそう、
ということであれば、最初に話したい内容がいくつあるのかを伝え、
そこから1点目は…、2点目は…、最後に…という形で話す方が
良いと思います。
 
聞いている方としては終わりが分かっているので、
その点は安心して聞いていられると思います。
 
面接は自身をアピールする重要な場ではありますが、
話す内容だけでなく、話しの長さも意識して頂ければと思います。

非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×