長期的にキャリアのマネジメントをお手伝いしたい

thumbnail

こんにちは。
キャリアコンサルタントの最上裕司です。

我々エージェントのビジネスモデルの多くは「成功報酬型」です。
すなわち、我々のクライアント企業にご人材が入社してはじめて売上が立ちます。
一部「リテーナー」という前受け金の契約もありますが、ここでは触れません。

さて、そんな成功報酬型のビジネスモデルであるがゆえに、
エージェントというと、

「無理矢理転職させようとする」

「希望と違うのにエージェントの恣意的な想いで企業を薦めてくる」


という具合に、マイナスな印象を持たれるケースも少なくありません。

実際にそういうエージェントがいるのも事実ですし、
ビジネスモデル的には「転職を斡旋する」ことが目的化することも
ある種致し方のないものでもあります。

ただ、弊社としても、私自身としても追求すべきところは「転職の斡旋」ではなく、
中長期的にご人材のキャリアのマネジメントをお手伝いすること、です。

転職というのはキャリアにおける「点」です。
本当に重要なのは、転職するかどうか、というよりも、
その人にとって長期的なビジョンに基づき、最適なキャリアを形成するには
どうしたらよいか、客観的にアドバイスをすること。

「今は転職しない方が良いです」

というアドバイスも当然あります。
というか、実際私自身が転職のご相談を受けているうちの半分くらいは
「今は」ないし「その理由なら」転職しない方が良いですよ、という話をしています。

我々もビジネスとして転職支援をしている以上、
予算があり、その予算を達成すべく努力しています。

理想は、中長期的にキャリアマネジメントのお手伝いをしています、という関係、
ご人材にとっては「定期的に最上と会ってキャリアのメンテナンスをしよう」、あるいは
「友達がキャリアについて悩んでいるようなので最上を紹介しよう」という信頼関係を
多数の方と築くことです。

こちらが転職をお薦めしなくても、一定数は「転職すべき時機」を迎え、
それにより自然と、ご人材の力になっているうちに売上も上がっていく、という状態ですね。

今はまだ仕事をしながら「売上と想い」のはざまで悩んだりすることも
たまにありますが、今年中にはある程度、中長期的なお付き合いの方を軸に
日々の仕事が進められるようにはなりたいものです。
 

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?