何でも話せる関係って難しい

thumbnail
 
最近、
 自分がキャリアコンサルタントとして成長するために、
 メンバーが成長するために、
何が足りないんだろう、何が必要か?と考えることがあります。
 
当然、専門業界知識とか、カウンセリング力とか、あるんでしょうが、
ある程度の努力をすれば、それは身に付くものだと思います。
それを踏まえたうえで、さらに成長するために、という話なのですが。
 
企業の経営者、当然採用担当の方、求職者の皆さんから
常にお声掛けいただける関係性を作るためには?
と考えてます。
 
自分が逆の立場の時に、、と考えると
「ああ、この人なら何でも話せるな。
 ヘンに見返りは求められないだろうなぁ。」
という人達が頭に浮かび、声をかけてしまします。
損得関係ない、また何となく気軽に声をかけられる人
という感じかもしれません。
 
学生時代の友達とか、親族は上記にあたるかもしれませんが
当然ビジネスの場で、となると、そんな方々は限られてきます。
 
「損得関係ない」ためには、自分自身が仕事で成功していないと、
どうしても苦しくなるかと思います。
【特に】短期的な売り上げに迫られているエージェントほど、
長期的なキャリアを語ることは難しい(苦笑)
 
私がコンサルティング会社にいるときに、エージェントの方々が
いろいろ声をかけてきました。そして、「何でも相談にのる」、
と言いながら求人の説明だけに終始するなど。
だから極力そんな人たちにはなりたくないなぁ、と思って
12年以上この仕事をしてきたのですが、、まぁどうでしょうかね。
もし今後、短期的に苦しくなったとしても、そんな悪いスパイラルに
飲み込まれないように強い気持ちを常に持っていないといけませんね。
 
「何となく気軽に声をかけられる」
これは私の性格からして、あんまり得意ではない分野なのです。
初対面の方とお会いするには物凄く緊張しますし、それが
伝わっていると思うのですよね。。。
なので、私の場合には、話題のネタを幅広く持つようにして、
皆さんの興味のある領域に入って行けるようにします。
 
スポーツ全般、天文、株式、不動産、芸能、教育、などなど
それとなく付いていけるようにしています。
皆様の趣味ネタ・休日ネタについていけるような感じでしょうかね?
ただ、無理しているわけではなく、広く浅く知見を広げることは
好きなんですよね。。。こういう部分はこの仕事の適性かと思っています。
 
皆さん、ビジネスの場で「なんでも話せる関係」って
どうやって作っているでしょうか?
まぁそんな事が分かっていたら、みんな苦労しないわけで。
 
でも、こうやって、自分自身に問いかけて文章にしてみることでも
少しは前に進められるのかもしれませんね!
この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?