コンサルとして、井の中の蛙では終わりたくない、そして厳しい環境へ!

thumbnail
  • 30代前半 男性(未婚)
  • 中堅コンサルティングファーム大手コンサルティングファーム
  • 800万円 900万円

【まずはプロジェクトをやりきりたい、2年後への約束】

Bさんと初めてお会いしたのは2年前。
当時の転職市場はというと、リーマン・ショックから
いち早く立ち直った大手ファームを中心に、採用は活況を呈していました。
Bさんは、SEとして4年の経験を積んだ後、
30名規模の小規模ファームに転職し、会計、IT領域の専門性を積んできた方。
メキメキと力を蓄え、媒体にインタビュー記事で露出するなど、
将来を期待されるまでに成長していましたが、
コンサルタントを続ける上で、今後は、グローバルかつ大規模な
プロジェクトを手がけて見たいと考えられ、そしてそれは、自社では
携わる事は出来ないことに危機感を感じ、相談に来られました。
お会いしたBさんは自信に満ちており、
自分の専門性は、大手ファームの同年代にも引けをとらない自負を
お持ちでした。
が、一方で、現在プロジェクトリーダーとしてアサインされている
プロジェクトは、社運をかけた案件。
10名のメンバーも自身を信じてついて来てくれており、
このプロジェクトだけはどうしてもやりきりたい、という事でした。
プロジェクト期間は約2年。

「大手ファームを志しながらも、小規模ファームで過ごす2年間は
 大きな足踏みになるかもしれない。。
 それでも、やりきりたい。」

私とBさんは、2年後の活動に向けての再開と、
その間の市場動向についての情報提供を約束しました。

【あえて先に退職して臨む覚悟】

約束通り再開したBさんは、
プロジェクトの成功もあり、2年の時を経て、
自社の一部門を任されるまでに出世していました。
しかし、2年前と、思いは変わっておらず、
自社で出世する度に、気持ちは強くなっていたようです。
「コンサルタントとして、井の中の蛙では終わりたくない」

部門長として肩書きが重くなりすぎたBさんは、
転職活動に専念する為と、活動時間の捻出が現職やプロジェクトの
迷惑にならないように、先に退職することを決意されます。
(先に退職してしまうのはリスクがありますので、基本的には
 オススメしない進め方ですが。。)
まさに背水の陣で臨んだBさんの転職活動。
大手ファーム3社の書類選考に合格し、最終的には、その全ての
企業から内定を勝ち取ったのでした!

【井の中の蛙で終わらないために】

Bさんが内定を勝ち取られた

 ・大手外資系コンサルティングファームD社
 ・大手外資系コンサルティングファームE社
 ・大手日系コンサルティングファームF社

3社とも、その名を轟かす、大手コンサルティングファーム。
いずれの企業を選んでも、Bさんにとっては大きな飛躍となる一歩。
条件で選べば、E社。
長く働けるのは、F社。
でも、Bさんの選定基準は、
コンサルタントとしての成長が望める一番厳しい環境、でした。

「あえて、困難な道を選びたいと思います。
 コンサルタントとして、井の中の蛙では終わりたくないですから。」

そして結局、D社を選ばれたのでした。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?