金融系の汎用エンジニア(COBOL)、コンサルに転職するタイミングは待ったなし?!

thumbnail
  • 20代後半 男性(未婚)
  • システムインテグレーターITコンサルティングファーム
  • 450万円 550万円

【ファームへの転職はタイミングを見計らっている場合じゃない?!】

Eさんと初めてお会いしたのは、弊社開催のセミナーでした。
コンサル業界の情報を広くお伝えする趣旨のもので、特に転職をお薦めする
というよりは、長い目でキャリアを考えましょう、というスタンスのものです。
Eさんもすぐに転職したいというよりは、そもそも自分の市場価値ってどんなもの?
といった軽い気持ちでの参加でした。
セミナー後に個別の面談の機会を設け、Eさんのキャリアを確認。
入社後、一貫して金融系の汎用エンジニアとしてキャリアを積んでこられたEさん。
ご本人の気にするところは、COBOLの経験のみ、というキャリアが転職市場から
見てどうなのか、という点と、将来的にはコンサルティングファームに転職したいが、
タイミングとしてはいつが良いのか、という点。 私はコンサルティングファームに転職するという気持ちがあるのであれば、
タイミングを見計らうというより、さっさと活動してみた方が良い、
といったアドバイスをしました。受かってから転職するかしないか考えても
十分間に合いますし、COBOLの経験のみ、というやや不利なキャリアでしたので、
若くポテンシャルを評価されるうちに活動しないと、手遅れになりかねない、
という想いがあったのです。

【立ちはだかった『面接』の壁】

Eさんは逡巡していましたが、ひとまず職務経歴書を作り、活動をしてみる、
ということにしました。
蓋を開けてみると、意外な苦戦が待ち受けていました。
お若いという点や、金融系のキャリア中心ということもあって、書類は通ります。
が、面接で落とされるケースが多発。
企業側もポテンシャルを評価するつもりで人物面を見ていましたが、
Eさんは人見知りをし、緊張してしまうタイプゆえになかなか面接の場で
しっかりと自分の気持ちを伝えきれなかったのです。
本質的には、しっかりとした志向性、明確な目的意識を持っていると
感じていた私は、Eさんに尋ねました。

私「Eさん、そもそも中長期的にはコンサルファームに行きたかったんですよね。
  何で行きたいと思ったんですか?」

Eさんはやや遠慮がちに、それでもしっかりとした口調で行きたい理由、
ファームで何をしたいのか、というのを口に出されました。

私「いいですね。それをしっかり面接で伝えればOKです。
  緊張して言葉が詰まってしまうのは、練習すれば何とかなります。
  口に出して練習してください。声に出して、とにかく何度も何度も。」

【教えて頂いたとおりです】

人はそう簡単に変われるものではない。
そう思っていた私は、練習したとしても、それなりに苦戦するだろうな、とは
感じていました。
しかし、Eさん、人が変わったように連戦連勝。
サクサクと受かり始め、見事に大手ITコンサルティングファームからの
内定をGETしたのです。

私「Eさん、すごいじゃないですか!!何か工夫したんですか?」

Eさん「いやいや、教えられた通りに、とにかく口に出して、声に出して
    練習しまくったんです。
    声に出すと、頭の中で考えていたことが、意外と陳腐に聞こえたり、
    この言い回しはいいな、とかこの言い回しはしつこいな、とか色々
    感じまして。
    自分の声を録音して、自分が面接官になったつもりで聞いたりも
    しました。
    まぁ、教えていただいた通りです。」

こんなにも忠実に取り組んでいただく、という例はそう多くはありません。
勝利のポイントはEさんの素直さと、たゆまぬ努力だったのでしょう。
コンサルファームにいってもそのスタンスでいれば間違いなくすぐに
パフォーマンスを出せると思います。がんばれ!Eさん!

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?