デジタル専門の経営人材「CDO(Chief Digital/Data Officer)」の設置背景・役割(CIO/CTOとの違い)・年収・キャリアパスについて

こんにちは。アクシスコンサルティングの高橋です。

各ファームでDX・デジタル関連のコンサルティングのニーズが高まっており、デジタルを活用した業務改善や新規事業の立ち上げが盛んに行われています。
(参考)「Big4」各ファーム独自の「DX推進ポジション」特徴・転職年収事例・キャリアパスまとめ

そして同時に、事業会社側でも、DX推進部門やCDO(Chief Digital/Data Officer)を設置し、自前でもデジタルを活用してビジネスを加速させようとする動きが見られます。

そこで今回は、よく質問いただく「CIO/CTOとの違い」とともに、直近でニーズが高まっているCDOの設置背景~役割~キャリアパスについてまとめました。

【目次】

  1. CDOを設置するよくある背景
  2. CDOとCIO/CTOとの役割の違い
  3. CDOの求人内容と年収レンジ
  4. CDOになるまで/なってからのキャリアパス

CDOを設置するよくある背景

テクノロジーを元にしたベンチャーのみならず、大手企業でも、デジタルを活用してビジネスを加速させようとする動きが強まっています。
今や、デジタルは手段ではなく、ビジネスの主戦場となりつつあります。

CDOは日本では比較的新しい役職のため、企業によってその設置背景は様々ですが、大きく分けると

  • ①デジタルを用いて業務を効率化する(DX/CIO路線)
  • ②デジタルマーケティングを確立する(CMO路線)
  • ③デジタルを活用して新しい収益の基盤を生み出す(新規事業路線)

などが主な目的のようです。
明確な区分けは難しく、複数の目的が混在しているケースも多いでしょうか。

従来のようにデジタルをツールとして活用するに留まらず、デジタルを活用して新しい収益の基盤を生み出したい、というニーズが徐々に高くなってきています。

例えば、NTTグループでは2018年に、各社にCDOを設置しています。その理由は「自らのデジタル化(デジタルトランスフォーメーション)を通じた業務プロセスの更なる効率化」だけでなく、「新たな付加価値サービス提供等を推進するため」とのことで、まさに上記で言う③新規事業路線に分類されるでしょうか。
参考:
http://www.ntt.co.jp/news2018/1808/180801a.html

また、2019年5月には、ゴディバもCDOをグループ内で初めて設置しています。「データを活用したCRM(顧客関係管理)、EC、ブランドコミュニケーションといったマーケティング業務はもちろん、IT部門もCDO傘下となる」とのことで、こちらは上記でいう②CMO拡張路線の意図が強いでしょうか。
参考:
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00196/

CDOとCIO/CTOとの役割の違い

CDO Club Japanによると、CDOの役割は「AI、ロボティックス、IoT、デジタルマーケティング、ドローン、ビッグデータ等を有用に活用し、日々変化し続けるテクノロジーと消費者の行動に迅速に対応し、 幅広いデジタル戦略を統括、組織を横断して改革を推進する統括責任者の総称」とされています。

CIOとCDOの役割の違いは、こちらも区別が曖昧になりつつありますが、

  • CDO:デジタルを活用したサービスの創造(攻めのIT)
  • CIO:デジタルを利用した自社の業務プロセス改善(守りのIT)

という分け方がシンプルで分かりやすいでしょうか。

具体的に例を挙げるとすると、GEにおいては、CDO「ソフトウェアビジネスの創出」、CIO「全社の生産性向上」という役割分担のようです。
参考:
https://lt-s.jp/lts-column/2017-7-26

CIOは「自社のビジネスプロセスの理解」や「デジタルを利用した業務改革スキル」が求められる一方で、CDOは「SNS等の顧客とのタッチポイントを中心としたマーケティングスキル」や「データアナリティクス」、「デジタルを利用した事業開発力」が求められる傾向にあります。

また、CDOはCMOとも求められるケイパビリティや経験が似ているケースもあり、実際に社内でデジタル活用のニーズが生まれたために、CMOからCDOと役割を変えるケースや、転職してCMOからCDOになる方もいらっしゃいます。

例:小売業のCMO(ECサイトやSNSなどを用いたマーケティング戦略の策定・推進)→メーカーのCDO(データ分析や、デジタルマーケティング視点でのサービス・商品開発)

さらに、同じくテクノロジーを扱うCTO(最高技術責任者)との違いに関しては、CDOが「デジタルやデータ活用によるサービスの創造」を担う、いわばビジネスサイドなのに対し、CTOは名前の通り「製品開発における技術面の責任(開発の方針決めやエンジニアの採用・育成など)」を担うエンジニアサイド、という住み分けが一般的のようです。

CDOの求人内容と年収レンジ

実際のCDO求人としては、CDO”候補”を募集するケースが大半であり、職務内容としては、チームとして、

  • IoT、ビッグデータ、AI/アナリティクスなどの先進のテクノロジーを活用したビジネス企画
  • デジタル戦略立案・実行
  • デジタル化を推進するために社内でデジタルのナレッジを共有していくこと

等が求められるため、

  • 社内におけるデジタル人材の育成/組織化

といった業務も求められるケースが増えています。

さらに、先ほどお伝えしたように、企業によってはCIOやCMOの役割が分岐してCDOが生まれたパターンも多いため、実態としては、バックオフィスの働き方や社内で使用されるツールをデジタル化するなどのCIO的な役割をCDOが担うケースもあるようです。

また年収については、CDO室の場合、メンバークラスで大手事業会社でも500万~、マネージャークラスで800万~1,000万というケースが多いでしょうか。

一方で、CDOともなると大手メーカーでは3,000~5,000万円といったケースもあります。この当たりはデジタルが利益にどの程度ヒットするかに寄るでしょうか。まだまだ企業ごとに異なるケースが多いようです。

CDOになるまで/なってからのキャリアパス

実際に日本企業においてCDOを担当されている方の具体的な経歴を見てみましょう。

A氏:外資系高級商材メーカーにてCRM、ビジネスインテリジェンスシステムの企画・推進
→同業界にて、マーケティングやデジタルサービスのマネージャーとして市場調査からサービス向上のためのデジタルプロジェクト推進
→大手メーカーのCDOに就任

B氏:大手通信会社にてワイヤレスビジネスを推進
→外資系広告会社で広告領域の戦略プランニングを経験
→大手メーカーにてマーケティング、ブランディング、顧客・ユーザーのマネジメント経験
→大手SNS運営企業において日本事業責任者としてビジネスモデル構築や、ブランド構築などに関わる
→大手メーカーのCDOに就任

また、コンサルを経験してCDOに就任された方のキャリアパスとしては、このような例が挙げられます。

C氏:大手商社にて、社内ウェブベンチャーを設立
→エグジット
→戦略系コンサルティングファームに入社、経営戦略の策定や実行経験を積む
→クライアント先に移籍して子会社の事業責任者としてターンアラウンドに成功
→外資系の小売業に転職し、経営企画として全社に渡るデジタルマーケティング戦略・施策の立案/実行を担い、店舗改革や商品企画において数年に渡り高い実績を残す
→数年後にCDOに内部昇格

D氏:大学卒業後に大手外資系ファームにITコンサルタントとして入社、メーカーの全社IT基盤刷新プロジェクトやEC事業会社のグローバルプラットフォーム整備に関わり、マネージャーとして事業会社のプロジェクトオーナーや現場担当者にデジタルツールの導入におけるアドバイスやサポートを行った経験が評価される
→IoTを用いたオープンプラットフォーム企業の立ち上げと共にCDOに就任。

などの例があります。

このように、それぞれ企業によって重きは異なりますが、CDOでは新規ビジネス開発×マーケティング×業務改善のケイパビリティが求められます。

そのため、「ウェブやテクノロジー領域のサービス企画・導入」や「デジタルマーケティング」といったコアスキルを積みつつ、コンサルや事業会社の経営企画などで「中期経営計画の策定・推進」「経営者へのデジタル面でのアドバイス」といった全社的な視点でのビジネス経験を得るのが「コンサルからCDO」のパスとなるでしょうか。

また、CDO後のキャリアパスとしては、まだあまり事例は少ないですが、違う業界で同じくCDOとして活躍される方や、そのまま経営軸を強めてCOO/副社長やCEO/社長に昇格するというパスがあるようです。

こちらはまた事例が増えてきた際にとりまとめてお伝えできればと思います。

=================

今回の記事では、デジタル専門の経営人材「CDO(Chief Digital/Data Officer)」の設置背景・役割(CIO/CTOとの違い)・年収・キャリアパスについてご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×