「どんな本を読んでいますか?」面接で聞かれます

thumbnail
先日、息子が塾の先生からこれから新5年生になるにあたり、
必ずやることを言われたそうです。
その中で、びっくりしたのが、一年間100冊の本を読め!とのこと。
少なくともこれから受験(約2年弱)の間に塾の出す推薦図書150冊読め!と。

ちなみに中学受験の国語では、題材とする文章が枯渇気味とのこと。
レベルの高い文章としてしまうと、誰も解けなくなってしまうため、
過去いろいろな学校出された文章が使いまわされているのが
実態だそうです。

先生曰く、
「ある程度のレベルの学校を目指すのであれば、試験当日に
これは読んだ事がある!」
という状況にするのだそうです。(マジか!?)
また、読解力はすぐに身につかないので、5年の最初から力を
付けないと取り返しがつかないそうだ。
また、日本語は主語述語があいまいでも、それなりに会話が
通じてしまうため、読書をしない限り正確な読解力は身につかないそうだ。
なんとなく、力強い説得力。

で、息子からリストを渡されたので、ひとまず必ず読まなければいけない
60冊を昨日AMAZONで購入。5,6冊はすでに読んでいるそうで
家にあるので、それ以外の必読書を購入。

走れメロス:太宰 治
一房の葡萄:有島武郎
シートン動物記:アーネスト・T. シートン
あたりは、あー、と思いましたが、

少年:ビートたけし
五体不満足:乙武 洋匡
あたりは、へぇー、と思いました。

あー と へぇーの違いなのですが、皆さんもそんな感じかと。

計56冊。彼は読むスピードは早いので大丈夫かとは思いますが、
置き場所に困りますね。
(ちなみにAMAZONとかで見かける古本の価格1円って儲かるのでしょうか?
ビジネスモデルを知りたい)

さて、読書といえば、最近中途採用の面接でよく聞かれる質問です。

「あなたが最近読んだ本の中で、私に一冊推薦してください。
その推薦理由も含め」
というのが、オーソドックス。

回答に正解は無いですが、普通にビジネス書などを推薦すると
つまらない人間と評価されるようですね。
エッセイでも、普通の小説でも、何でも良いです。
まず本を読むクセがあるか、そして常に人生の中で読書を通じて
インプットし続けられているのか、などを判断しているようです。

結構、自問自答すると答えられなくないですか?
逆に凄く読んでいる人は、この一冊をすぐに思い出せなくないですか?

こういうことも、中途面接のテクニックのひとつです!


にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
↑ ↑  コンサル仲間がいっぱい!

基幹サイト:http://150.60.73.234/
コンサルBiz:http://www.consul.bz/
IT READER Biz:http://www.it-leader.biz/

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?