コンサルタントは深夜残業が当たり前?ワークライフバランスの実情

【目次】

  1. 「深夜残業が当たり前」は本当か?ファーム・チーム・時期によっては定時で帰宅というケースも
  2. コンサルの残業代はファームごとによって異なるのが実情、オファー額に「見込み残業代」が既に含まれているケースもあり入社前のチェックを
  3. ただきついだけじゃない。コンサルタントの仕事から得られる代えがたい経験をモチベーションにしているケースが多い。
  4. 事業会社に行けば残業時間は減るのか?ベンチャー~大手などフェーズによって異なるのが実情
  5. 大事なのは「コンサルタントになって実現したい事」か。

「深夜残業が当たり前」は本当か?ファーム・チーム・時期によっては定時で帰宅というケースも

未経験からコンサルタントへの転職を考えている若手の方から、「コンサルタントってやっぱり深夜残業が当たり前なんですか?」という質問をよく頂きます。

結論から言うと、コンサルタント業務がハードなのは事実だと言えそうです。そもそも、コンサルタントの顧客は、高いフィーを払ってまで解決したい問題があり、コンサルティングファームに仕事を依頼してきます。

例えば、1年間答えを出せなくて炎上していた問題に3ヶ月で答えを出し、問題解決の実行を求められることも。それを実現するためには、必然的に仕事量が増えてしまいます。

ただ、ファーム、アサインされている案件、時期、所属しているチーム、タイトルなどによっても忙しさはさまざまのようです。

実際に、Big4でも月平均の残業時間が30時間程度のチームが多い印象であり、終電やタクシーで帰る日々が続くわけではなく、19時頃には退社できることもあります。また、「働き方改革」によりフレックス制を導入するファームも徐々に増え始め、業務時間の融通が利くケースも増えてきたのが実情でしょうか。

参考:

【独自取材】PwCコンサルティング合同会社の働き方(残業時間、激務度、社内制度、ワークライフバランスまで)

【独自取材】EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの働き方(残業時間、激務度、社内制度、ワークライフバランスまで)

【独自取材】アビームコンサルティングの働き方(残業時間、激務度、社内制度、ワークライフバランスまで)

また、転職直後はキャッチアップに時間がかかり、その分仕事の時間も増えがちですが、キャリアを積む事で、自身の裁量で仕事を進められる機会も増えてくるといった声もよくお聞きします。

一方で、マネージャークラス以上は、「働き方改革」「業界における人材不足」といった理由から、業務時間がひっ迫されがちですが、その点も本人の裁量や、マネジメント能力によっても大きく変化してくるようです。

参考:残業の少ない「コンサルファームのマネージャー」はどのように結果を残しているのか?

コンサルの残業代はファームごとによって異なるのが実情、オファー額に「見込み残業代」が既に含まれているケースもあり入社前のチェックを

また、残業代に関してもファームごとに異なるのが実情です。実態としては下記のとおりでしょうか。

外資系コンサルティングファームの残業代

  • A社:50時間分の見込み残業代が月収に含まれる(シニアアソシエイト以下は40時間)
  • B社:30時間分の見込み残業代が月収に含まれる
  • C社:基本的に残業代は無し

日系コンサルティングファームの残業代

  • D社:30時間分の見込み残業代が月収に含まれる、超過分は別途支給

上記のように、ファームごとに異なるのが実情です。見込み残業時間を超えた分の残業代の支払いなど、入社前に必ずチェックすることをおすすめします。

ただきついだけじゃない。コンサルタントの仕事から得られる代えがたい経験をモチベーションにしているケースが多い。

では、時に厳しい環境に身を置きながら、何をモチベーションに仕事をしているコンサルタントが多いのでしょうか?

未経験クラスの場合は、私がサポートしたコンサルタントの方々からは「夢」「知的好奇心」といった理由が多い印象です。

Aさん:「私は未経験からコンサルタントになったので、初めてコンサルタントという肩書の名刺を手にした時の嬉しさは忘れられません。

だから、コンサルタントになってからは脇目も振らず新しいことに挑戦し続けました。夢だった仕事をやっている嬉しさでワークライフバランスの事はあまり考えたことがなかったです」

Bさん:「未経験からコンサルタントになった人たちは会計士やIT出身者、営業経験者など、それぞれ強みを持っていたので、残業がてらお互いの領域を教え合う勉強会をやっていました。

プロジェクトで学んだこともたくさんありましたが、今思えばその勉強会がコンサルタントとしての自分を育てましたね」

いかがでしょうか? 例に挙げたのは、どちらも未経験からコンサルタントになった方々ですが、コンサルタントになったという大きな喜びと、持ち前の好奇心旺盛さで仕事に没頭していたようです。

また、マネージャークラスの場合は、「マネジメント」や「メンバークラスへの責任感」という回答が多い印象です。特にシニアマネージャー~パートナークラスでは、自分を頂点としたチームが築かれるため、自分のセリングやマネジメントスキルによって時にチームがデリバリーできない、案件がないといった理由で組織が消滅するといったリスクもあります。

責任が増えるだけ年収は上がるものの、「メンバーが食っていけるか」といった責任感に応える精神力やモチベーションも求められるようです。

参考:マネージャーとシニアマネージャーにおけるセールスの意味と求められるスキルの違い

事業会社に行けば残業時間は減るのか?ベンチャー~大手などフェーズによって異なるのが実情

これに関しては、企業のフェーズによって異なります。

■大手や上場企業の場合

上場している大手の企業では、勤務時間がしっかり管理されている場合が多いです。

■ベンチャーの場合

IPO審査時に指摘が入らないよう大手や上場企業と同水準か、それ以上にしっかり管理している場合が多いです。

■スタートアップの場合

20代のメンバーが多い場合には、「泊まり込んで仕事をする」ケースも実際にあります。

ただし、30代以上の経験豊富な経営者で、かつ資金調達にも成功している企業では、しっかりと職場環境や人員体制などを整えているスタートアップも増えてきました。

関連記事:「コンサルファームから事業会社に行ったらワークライフバランスは改善されるのか?【企業フェース別イメージつき】」

大事なのは「コンサルタントになって実現したい事」か。

ワークライフバランスも大事ですが、重要なのは「コンサルタントになって何を実現したいか」を考えておくことではないでしょうか。他業界からファームへと入社し、その後パートナーまで上りつめた方曰く、「プロフェッショナル性の追求やキャリアを磨くことを考えると、これ以上最適な仕事はありません」という声もございます。このように、コンサルで得られる経験を目的持って得ようとする中で、キャリアの成功や、ワークライフバランスの実現が見えてくるケースが多い印象です。

実際にh、ワークライフバランスに関しても、チャレンジを続けていけば、働き方のバランスをご自身の裁量で選択できる機会が生まれてくるという声を聞くケースが多いです。

=================

今回のコラムでは、コンサルティングファームにおける「ワークライフバランスの実情」についてご紹介いたしました。

キャリアでお悩みの方は、ぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。


アクシスの求人のうち、
約77%は非公開。
平均サポート期間は3年です。

各ファームのパートナー、事業会社のCxOに定期的にご来社いただき、新組織立ち上げ等の情報交換を行なっています。中長期でのキャリアを含め、ぜひご相談ください。

新規会員登録はこちら(無料)

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×