戦略コンサルタントのスキルとは、一体どのようなものなのか?

戦略コンサルタントはいわばトップアスリート

戦略コンサルタントに必要なスキルとしてよく言われるのは「論理的思考力」や「高い対人関係能力」、「問題解決能力」、「プロフェッショナルマインド」、そして「体力」といったあたりでしょうか。

どれも必要なスキルであり資質です。ただ、これらは戦略コンサルタントとしての必要条件ですが、条件を満たしているからといって戦略コンサルタントになれるとは言えません。

例えるならトップアスリートが人並み以上の基礎体力、運動能力を兼ね備えているのと同じ。

大手企業の経営層に、数千万~数億円といったコストをかける必然性を感じさせる価値を提供するには、上記のベースとなるスキルに加えて、何かしらの専門領域において他を凌駕する突出した能力が求められるのです。

戦略1.jpg

ケース面接で解答を出したけど不合格?

では、戦略ファームの選考においては何を見ているのでしょうか。選考では「ケース面接」がおこなわれることが多いです。フェルミ推定(測定できない数を論理的に概算する)や、市場規模の算定、実際のビジネスを例にしたものなど、色々な課題が出されます。

しかしながら誤解してはいけないのが、「ケース面接でうまく答えること」が合格の条件ではないこと。

例えば、面接官に論理の穴を指摘され、必死に反論した。解答を出すことに一生懸命になりすぎて、相手の言うことに聞く耳を持たない。よくある失敗パターンです。

面接官の多くは、プロジェクトをまわしているコンサルタント。将来の同僚として一緒に仕事をしたいかどうかが見られます。

すなわち、ポジティブに、建設的な議論が行えるかどうか、マイナスな指摘を受けた時に落ち着いて対応できるか、心地よいコミュニケーションがとれるか、そうした点が選考において重要なポイントとなります。

戦略2.jpg

クールでスマートな頭脳集団というイメージは誤り?

戦略コンサルタントというと、機能的なオフィスでクールに、スマートに頭脳労働に励んでいる。そんなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらそれは誤ったイメージです。

トップマネジメント層との対話を通じて、経営の課題を解決に導くのが仕事ですが、得てして企業トップが課題と感じていることと、現場には乖離があります。

クライアントの高い要望に応えるために、汗をかいて現場を知り、課題を浮き彫りにし、そして期待以上のアウトプットを出すために議論を続ける。

プロジェクトを成功に導くためには、肉体的にも精神的にもタフさが要求されます。しかし、だからこそやりがいがあるのも事実。挑戦したい方はぜひビジネス界のトップアスリートを目指してみてください。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial