経営者の親元で育ち、事業会社でトップ営業~新規事業を経験。マーケットバリューへの感度に強みを持つ弊社キャリアコンサルタント高取丈夫のキャリアと強みの源泉に迫る【AXISキャリアコンサルタント インタビュー】

経営者の親元で育ち、新卒で老舗ワイシャツメーカーに就職。3年目にはトップ営業として活躍。その後、20代でマネジメントや新規事業企画を経験した後、弊社にジョイン。赤字が続く会社でも結果を残し続けたからこそ身についた高取のキャリア観や、コンサルタントとしての強みを聞いた。

学生時代から、会社経営をしている両親の影響で社長を志す

―まず新卒時の就職活動からお話を伺えますか。

会社を経営する両親の元で育ったこともあり、将来は社長として経営に携わりたいという意識を強く抱いていました。一流の経営者として活躍したいという目標は今でも持っています。

実際に、新卒の就職活動では、経営者としてのスキルが身につく仕事を軸に企業選びをしていました。

―新卒で老舗のワイシャツメーカーへ就職されています。当時どのような経緯で就職されたのか教えてください。

就職活動では、経営者としてのスキルや知見を得るべく新規事業やマネジメントに携われる仕事、そして業界に関しては〈好きなもの〉に携われる会社を軸にしていました。

もともと服やインテリアが好きで就職課に相談したところ、120年の歴史を誇る日本随一のワイシャツメーカーを紹介していただきました。マネジメントに早い段階から携われると説明会で経営層の方に教えていただき、入社を決めました。

1年目からマネジメントを経験、3年目には営業に抜擢

―前職のワイシャツメーカーではどのような仕事をしていましたか。

新規事業のオーダーワイシャツ事業部に配属され、日本橋の大手百貨店で販売員を経験、さらに1年目から店舗スタッフのマネジメントを任されました。

―特に苦労されたことはありましたか。

実は、老舗のワイシャツメーカーですが経営状態は厳しく、私が入社する数年前から赤字が続いていました。

そんな会社の中で、オーダーワイシャツ事業は単価が高く稼ぎやすい。さらに配属先だった日本橋の大手百貨店は東京でも随一の売り上げを誇る店舗であり、会社からも大きな期待をかけられているポジションに1年目から配属されたのです。

―会社からの期待が大きい中、どのように立ち振る舞われましたか。

幸いにも1年目から販売員やアルバイトのマネジメントで結果を残すことができました。その後、2年目には同期はもちろんのこと、社歴の中でも1、2を争うスピードで店舗運営の一躍を任されました。

店舗の売り上げを前年比で数倍に伸ばした後、さらに3年目には営業に抜擢されると同時に、当時売り上げで毎年赤字を出し続けていた大阪へと転勤を命じられました。

自身が矢面に立ち、人員整理も実施。傾いた会社を立て直すプロセスを経験

―大阪では営業としてどのようなキャリアを歩んだのでしょうか。

法人営業担当として関西から北陸を中心とした百貨店を回り、バイヤーとの交渉をメインに行っていました。さらに、カスタマーからの苦情や、時には売り上げの伸びない店舗の人員整理など、自分が矢面に立って現場の問題を解決していきました。

―人員整理などは精神的に大きな負荷だったのではないでしょうか。

たしかに、精神面できついことも多かったですが、この経験から会社の抱える弱点やウィークポイントを解決することで、いかにPDCAを効率的に回し、傾いた会社を立ち直させてゆくかをリアルに学ぶことができました。

また、個人としても大阪に転勤した1年後には営業として会社でトップの売り上げを達成することができました。

会社の状態を鑑みて、自ら率先して新規事業を提案&実行

―トップ営業を経験した後は、何を手がけたのでしょうか。

個人的には会社で一番の成績を残していたものの、会社全体では製造費や人件費が高く、赤字の状態が続いていました。

そこで、新規事業としてオーダーメイドのワイシャツをECで販売できるサービスを上司に発案しました。プレゼンが通り、親会社から決済も取り付け、新規事業用の予算も調達しました。

当時は新しい売り上げの基盤を作るなど、当会社を継続して黒字化してゆくために必死で働いていましたね。

―新規事業はその後いかがでしたか。

実は、新規事業が軌道に乗り始めたところで、当時の副社長から会社の倒産が発表され、志半ばで頓挫してしまいました。

ただ、自分としてはマネジメント、人員整理、新規事業、さらに倒産も含めて、経営状態が苦しい中でもいかに会社を経営してゆくか、事業を継続してゆくには何が必要なのか。そのノウハウを20代半ばにして学ぶことができたのは非常に良い経験だったと思っています。

人材マネジメントの経験を生かし、AXISへ入社

―その後アクシスコンサルティングに転職されますが、どのような軸で企業を選ばれたのでしょうか。

まずは「無形商材を扱う仕事」というのを重視しました。前職の経験から、有形商材の販売や営業は扱う商材が限られており、得られるスキルも限定的だったからです。

また、経営者になる前に、無形・有形どちらとも扱いたいというキャリアプランを以前から抱いていました。最終的には無形商材の営業職、かつ新規事業を企画した経験を活かせる人材業界とIT業界の会社を中心に転職活動を行いました。

転職活動では人材・IT含め数社から内定をいただきました。ただ、前職でスタッフのマネジメントなど経営的な目線で人材をとらえる機会が多く、会社における人材の重要性を実感していたこともあり、最終的にはコンサルタントなど経営者視点で人材をマネジメントする方々の手助けとなれるアクシスコンサルティングに決めました。

―転職活動で苦労された点はありましたか。

異業界への転職でしたので、SPIや筆記試験から面接まで選考対策には苦労しました。 ただ、苦労した分、筆記試験や面接を通過するためのノウハウを今では体系化して教えることが可能です。

また、東京に本社を持つ人材会社を中心に受けていたこともあり、大阪から東京へ面接の度に移動することが大変でした。実は現在キャリアコンサルタントとして働いていると、地方在住の方からの転職相談を受けることも多いです。面接のための時間と費用がかさむことで転職活動ができないといった悩みをいただきます。そういった方には経験した人でないとわからないアドバイスを送ることもできます。

また、アクシスは現在大阪出張の転職相談会を開催していますが、この相談会は地方の方々にも平等に転職相談の機会をつくり出したいという思いから生まれたものです。

―キャリアコンサルタントとして働く際に苦労した点、キャッチアップの方法を教えてください。

キャリアコンサルタントという職業は、あらゆる業界や会社の最新情報を頭に入れておく必要があります。また知識だけでなく、目の前の求職者に最適なキャリアプランを提示しないといけません。キャリアや企業の知識があらゆる面で足らなかったので、勉強の癖をつけるようにしました。

キャリアビジョンを相談するなら!無料転職支援サービスに申し込む

マーケットバリューを見極める判断力と、市場動向を熟知した正確なアドバイスが強み

―高取さんのキャリアコンサルタントとしての強みを教えてください。

前職では、経営状態が厳しい中で、泥臭い仕事を地道に何年も続けてきました。 ですので、実力があり、結果も残しているのに中小企業で伸び悩んでいる同じような方たちの苦労が非常によく分かります。

私自身の経験も踏まえ、高い実力や成長の意欲があるものの、生産性の低い業界で埋もれてしまっている人材のマーケットバリューを正しく見極め、キャリアチェンジへと繋げる方法は熟知しています。

さらに、実力があり、頑張れる人なのに職場環境の影響で上手くキャリアアップできない人を、適切な場所に配置することはキャリアコンサルタントとして一つの使命だと思っています。

―強みを磨くために日々取り組んでいることはありますか。

自分自身が事業の主体者になるべく、組織の中で泥臭く手を上げ続ける事です。転職エージェントは世の中のマーケット感覚や、事業における役割、プロセスを実体験として持つことでよりリアルに求人の価値を語る事が出来ると思うのです。

私自身はAXISの中で新規事業企画や業務プロセス改善の推進などを担いながら、会社の課題を直に体験するよう努めています。その上で、常に世の中の新しいサービスにアンテナを張り自身が体感し、何故売れるのか、需要があるのかを考えるよう癖づけています。

その結果、採用課題を持つクライアント企業のヒアリングや、転職相談者の悩みを聞いていく上で、知識が醸成されているのだと思います。

―印象に残っている転職事例を教えてください。

名の知れたWEBコンテンツの創業メンバーに営業として携わってきた30代半ばの男性の例です。老舗のWEBコンテンツですが、新しいコンテンツが増えて市場競争が激化していました。その方は必死に営業として会社を支えながら、独学で中小企業診断士の資格を取得した成長意欲の高い方です。

アクシスへ相談されたきっかけは、創業メンバーとして会社を守ってきたが、将来的には資格を活かせる仕事に就きたいという理由でした。サポートさせていただいた結果、日系の業務改善コンサル会社に転職し、今では社長賞を獲得するまでに活躍されています。

業界の中でも伸び悩むフェーズや環境で働く方をサポートし、マーケットバリューを上げて活躍できる場に導けました。このように、事業会社でキャリアアップできずに埋もれてしまっている方々のキャリアチェンジは最も得意であり、この他にも今まで何百もの方のキャリアチェンジに成功しています。

―コンサルから事業会社へのキャリアチェンジに関する知見はいかがですか。

事業会社ではグループ全体の戦略立案や新規事業のリーダーとしてコンサルでの経験を求められることが多いです。

前職のアパレル業界では、人材のマネジメントや新規事業にも深く携わってきました。コンサルではなく事業会社における戦略的な課題解決の方法を転職前にお伝えすることが可能です。

―AXISが強みとしているコンサル業界のマネージャー層へのキャリアサポートはいかがでしょうか。

マネージャー層からは「年収を上げたい」「より良いポジションに行きたい」「ワークライフバランスを保ちたい」など、様々な相談を皆様からいただきます。

私としてはNEXTキャリアが別のコンサル会社なのか、事業会社なのか、独立なのか、選択肢に関わらず、その人にとって100%モチベーションを上げられるポジションに就くためのディスカッションを徹底的に行い、最適解を導き出したうえで次のキャリアへと繋げるようにしています。

―求職者と向き合う際に大切にしていることはありますか。

傾聴です。キャリアコンサルタントの国家資格も保有していますが、この仕事は傾聴が基本であり、かつ全てなのです。ご相談の際には、まず求職者の中長期的な将来像、現状の課題、強み弱みを理解する。そして、その人のマーケットバリューがどの位置にあるのかを把握するのに心の目を研ぎ澄ませています。

さらに、本人が気づいていない無意識の部分も重要で、「この人はネガティブなのか、ポジティブなのか」「この人が抱える問題は本人の影響で解決してないのか、それとも外部の影響で解決してないのか」など、傾聴した上でこういった点を知ることを大切にしています。

―転職を成功に導く秘訣はありますか。

面接対策には特に力を入れています。
ホワイトボードを使い、私が作ったフレームワークでブレスト式に本人の志向を書きだしてゆきます。その後、その人の本質的なところをフィードバックし、本人の理想に対する〈あるべき論〉や、現時点で不足している部分、履歴書にどう書くべきかをお伝えしています。その後、私がお手本で面接の受け答えを実践し、それを録音してもらいます。

私はキャリア面談からの決定率が他のキャリアコンサルタントと比較して高いのですが、理由はきちんとした面接への対策をしているからであり、志向性のマッチングに時間をかけているからです。

面接対策の目的は面接のための準備ではなく、本人が真剣にキャリア像を抱けているのかを問う点にあります。実は、この面接対策を徹底的に行うことで、内定できる会社・入社できる会社が面接前に分かるのです。

キャリアビジョンを相談するなら!無料転職支援サービスに申し込む

―今後のご自身のキャリアに関する展望はいかがですか。

キャリアコンサルタントとしても、AXISのメンバーとしても、アントレプレナー精神を持ち続けていたいです。今まさに社内の業務改善をしている最中ですが、人材業界のトレンドであるHRテックに強い興味を持っています。

今後も求職者の目線でより良いサービスを提供し続けるため、常に最新のトピックスやテクノロジーにアンテナを立て続けてゆきます。そして、ここでの経験を生かし、いつかは自分自身で会社を経営する側へとキャリアチェンジしたいですね。

―最後に転職を考えている方へのメッセージをお願いします。

最後に転職市場における全体的な話をします。〈大転職時代〉と言われる時代ですが、まだ職場で転職の話をするのははばかられるような世の中です。ただ、これから人口が減り、景気も下がる可能性が高いです。さらにグローバルではクロスインダストリーが主流となり、混沌としたデジタルのパラダイムシフトが起きようとしている。そういう劇的な変化の世の中で、自分で生き残れる能力を身につけることができるかどうか、これが社会を生きる上での肝になります。

また、理想的なキャリアを歩むためには〈転職をするか・現職で頑張るか・独立するのか〉といった短期的な視座ではなく、自分にとってベストな選択とは何か、目的を達成するためのスキルがあるのかないのかに気づくことが大切です。

もし現段階で目的を達成するスキルがない場合は〈育てる〉という選択肢を選ぶべきであり、スキルがあれば実行するだけです。私たちキャリアコンサルタントができることは、その気づきを与えることです。

次のキャリアの入口のドアノブを回すところまで精いっぱいご案内させていただきます。


高取丈夫:大学卒業後、ワイシャツメーカーに入社。アパレル製造・小売り業界にて5年間百貨店向けの企画営業を経験し、その内1年間はEC事業の立ち上げのプロジェクトリーダーとして貢献。 現在はキャリアコンサルタント、企業担当として、前職の経験を活かし、コンサルティング業界、IT業界、消費財業界を中心に転職支援に従事。

アクシスコンサルティングでは、 -コンサルタントになりたい人 -コンサルタントとしてキャリアアップしたい人 -コンサルタントから卒業したい人 のキャリアを支援しております。

弊社のキャリアコンサルタントと面談を希望される方は、下の申し込みボタンより、入力画面に移動してください。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial