退職活動の心得(1) 悪いことをしているわけではない

こんにちは。キャリアコンサルタントの最上裕司です。

転職活動をして、意中の企業から内定をもらうと、
現職者の場合、「退職活動」を行うことになります。

内定をGETしてしまえばあとは辞めるだけ、なんて思っていると
退職活動で足元をすくわれてしまうこともあります。
最悪、退職活動の失敗により転職そのものが「なかったこと」になり、
現職でも気まずさが残り…なんてことにもなりかねません。

では退職活動の心得とは。
いくつかまとめてみました。
まず、第一弾。


1)悪いことをしているわけではない

大前提として持つべき意識です。

仕事を持っていながら退職するわけですから、職場に対して少なからず
迷惑をかけるのは間違いありません。
それゆえ、必要以上に「悪いことをしている」と感じ遠慮がちになることがあります。
引き留めの説得に対して何も言えずなすがままに退職日が延び延びに…。

しかしながら転職は悪いことではなく、労働者として認められた権利です。
憲法で認める「職業選択の自由」ですし、民法上でも労働契約の解除については
申し出から14日で成立すると定められています。
(期間の定めのある労働契約を除く)

就業規則にも自己都合退職の申し出時期は記載されています。
多くの場合は1ヶ月程度前に申し出ること、といった規定ですね。
(厳密には就業規則より法律の方が強いため14日前で成立しますが)

いずれにせよ、1〜2ヶ月前に申し出た上での退職というのは、
まず就業規則には抵触しませんし、法律でも認められた正当な行為です。
その上しっかり引継ぎをして退職するのであれば、何ら恥じることも
遠慮することもないのです。

迷惑をかけてしまう、という意識は大事ですが、されどあまりに遠慮がちに、
弱気になり過ぎて、退職日が延び延びになると、今度は転職先に迷惑をかけてしまう、
ということにもなりますので、要注意です。

もちろん、強気・喧嘩腰になって現職と気まずくなるのも得策ではなく、
いかに円満退職を演出するか、というのも立派なビジネススキルだと思います。

困った時には是非ご相談下さい。






※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方
×