退職活動の心得(2) 転職先を明かさない

こんにちは。
キャリアコンサルタントの最上裕司です。

先日に続いて退職活動の心得、第二弾です。


2)転職先を明かさない

上司に退職を申し出ると、普通は退職の理由を聞かれます。
そこで転職する旨を告げれば、当然のように「転職先」を尋ねられます。

ここで大事なのが、決して転職先名を明かさない、ということです。

「現時点では伏せさせて下さい。
転職後、落ち着いたタイミングで改めてご挨拶致します。」

ガンガン聞かれるとは思いますが、そんな感じで何とか逃げきって下さい。

最悪、内定が「なかったこと」になるケースもあるので要注意です。


例えば貴方がA社に在籍しており、B社から内定を得て、転職するとしましょう。
A社は大企業で、貴方の知らないところでB社とは取引関係にあり、
B社にとってA社は顧客である、ということもあり得るわけです。
貴方がB社に転職することを聞いて怒った上司が、B社に怒鳴りこみ、
A社との関係悪化を恐れたB社は貴方の内定を取り消した―。

これ、実際にあった出来事です。

どこのどういうところで上司と転職先がつながっているか、全く分かりません。
事前に転職先を明かすのは、リスクはあってもメリットなどなく、
たとえ異なる業界であったとしても、決して言わない方が良いのです。


※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方
×