財務コンサルタントから専務(No.2)の専属秘書に抜擢された後、現在は弊社のトップキャリアコンサルタントとして活躍中。共感力と不断の努力を武器に、5年以上の中長期な関係値を作り続ける弊社福原のキャリア感と強みに迫る【AXISキャリアコンサルタント インタビュー】

学生時代は自営業の両親の影響から企業分析に没頭。税理士法人で財務コンサルタントとしてのキャリアをスタートした後、持ち前の実直な人柄で頭角を表し、専務(N0.2)の直属秘書に抜擢される。日本全国の経営者と直接向き合う経験と、No.2の仕事ぶりを間近で見たことから学び得た圧倒的な『共感力』と『不断の努力』を武器に、現在は弊社のトップキャリアコンサルタントとして活躍中。5年以上の中長期間の関係値を作り続ける福原のキャリア感と強みを聞いた。

自営業の両親の影響で企業分析に興味を抱き、税理士法人からキャリアをスタート

―学生時代から就職活動時にかけて、キャリアに対しどのようなビジョンを持っていましたか。

実家が自営業であり、さかのぼると両親ともに自営業出身という環境だったため、早くから経営者の姿や事業運営をとても身近に感じていました。

大学でも大手企業の分析を行うゼミに入り、成功事例に関する企業研究をしてレポーティングを行うという毎日を送っていました。そこから企業が持っている『数字』から見えてくる経営の世界に魅了されたのをきっかけに簿記資格を取得するなどし、自然に経営の分野に携われる業種を志望するようになりました。

―新卒で税理士法人に入社されます。決め手は何だったのでしょうか。

「数字を使ってできること」を追求した結果、就職先として会計の税理士法人が最適だと思えたので就職を決めました。

財務コンサルタントとしてのキャリアのスタートでした。業界には珍しく若手比率の高い会社で、さらに100人を超える大規模な税理士法人だったために、明るく風通しのいい社風だったのも魅力でした。

「自らの経験から話せることは少ない」ということを自覚し、事例や数字と共に経営者と向き合う

―担当していた仕事内容について教えてください。

先輩社員(主担当)のサポート業務として、財務諸表の作成からスタートしました。数字が好きな性格も手伝って同期の中では一番に出世し、主担当に昇進することができました。

主担当になった後は、東京を基盤として西は山口から東は群馬まで、十数件の財務コンサルを同時に担当していました。会社規模も十人単位から数百人まで様々で、毎回クライアントの社長に相対する仕事であるため、創業社長などの圧倒的なバイタリティに触れて日々成長を実感できる環境でした。

―当時、仕事をする上で気をつけていたことはありますか。

税理士法人としては、もちろん経営状況が好調な企業とのみお付き合いする訳にはいきません。お客様の数字を見て経営の大変さを心に刻んだのもこの頃で、コミュニケーションの取り方には特に気を使うようにしていました。

また、「自らの経験から話せることは少ない」ということを自覚し、他企業や先輩の実績などから得た明確な事例を示すことや、数字と正しく向き合うことを徹底していました。

専務(No.2)の専属に抜擢。「共感力」や「No.2としてのあるべき姿」を間近で学ぶ

―その後、専務付きの秘書に抜擢されます。

上記の財務コンサルと兼務で社内No.2の専務の秘書に指名されました。新規案件を取らせたら右に出る者はいないトップ営業で、数十年にわたり第一線を走り続けている方でした。

内容は、スケジュール管理からセミナー運営、新規開拓のサポート、担当先への訪問同行など、「とにかく呼ばれたらすぐ行く!」という片腕的な秘書でした。

とてもパワフルな上司だったので、現場感や仕事術など、学ぶことは多くありました。特に、クライアント企業の経営者層と一丸となり、経営の数字だけでなく経営理念の策定から取り組むコンサルティングスタイルだったため、経営コンサルの現場をそばで見ながら、理念共有と対話の重要性を改めて認識しました。

―現在にも活きる形で特に影響を受けたことはありますか。

まず、「クライアントに深く入り込む」姿勢です。基本的に企業はどこかの税理士法人と契約をしているので、営業の場面ではそれを自社に切り替えていただく形となり、定型の提案では経営者の支持を得ることはできません。コンサルティング力を含め、経営計画などに切り込んでいく鋭さには影響を受けました。

また、何よりも『共感力』が大切だと学べたことは今でも仕事の軸になっています。社長は社内に相談相手がいない場合が多く、立場上悩みを表に出せない仕事です。そこに聞き役・提案役の参謀として共感ができる姿に、「お客様を離さない求心力はここから生まれるのだな」と感銘を受けました。

加えて、現在も私の中にある『No.2のあるべき姿像』も当時の経験によるものです。例えば、「トップが黒と言ったら必ず同調を見せて、影で社長のフォローをしながら社内のバランスをとる」という幹部の仕事術を上司の背中から学びとりました。

組織人としてのロールモデルとして、現在も大切にしている考え方です。

財務コンサル業務の中で、会社の人事や組織の内情相談を多く受けたことから「人」への興味が芽生える

―順調に成長する中、転職を思い立ったきっかけは何だったのでしょうか。

お客様の声がきっかけでした。税理士法人では客先に顔を出すことが多いのですが、本題であるはずのお金の話はすぐに終わり、会社の人事の話題や組織の内情相談になることが多くありました。そんな折、『人』に関する仕事は魅力的かもしれないという気づきとともに、「課題解決の役に立ちたい」という気持ちが芽生え、自分の領域を広げてみたいと思ったんです。

実家を手伝い経営側に立って研鑽を積むのも良いかと考えていた時期でもあり、変わらず数字は好きでしたが、専門性としてもっと広い世界を見てみようと思うようになりました。

―どのように転職活動を進めたのでしょうか。

数人のエージェントにキャリア面談という形で相談に行きました。自身が転職希望者として活動する過程で「エージェントの質の違い」を如実に感じ、キャリアコンサルタントという職業自体に興味を持ちました。

財務コンサルなども並行して検討していたのですが、日々『人』への興味が強くなっており、人材系や教育系を見ていた流れでAXISが候補に上がり、選考に進みました。

―AXISに入社した決め手は何でしたか。

企業選びの軸として、『人』に関わる企業であれば、採用においてもしっかりと人を見て採用する企業であるべき、という考えを持っていました。弊社の面接では、ビジネスモデルを可視化したり、カジュアルな面談を挟んだりしながら段階を踏んで選考が進んで行きました。

時間をかけ、『人』をしっかり見て採用している姿勢に共感し、選考を進むにつれてますますAXISに対する思いが強まりました。採用プロセスが長くかかっても、一人ひとりに向き合う姿に感動し、「自分も最後までやり切ろう」という気持ちが高まっていったのを覚えています。

―キャリアコンサルタントとしてのスタートに、苦労やギャップを感じたことありましたか。

難しさと言えば、『人』は個人によって千差万別なので、前職で指標にしてきた『数字』でチェックしきれるものではないということでしょうか。

人材・採用という仕事には、1円単位で数字と向き合っていた前職の環境とは全く違い、絶対の正解はないのだなという印象を強く持ちました。

会計・監査・M&Aなどの専門性と「中長期的な情報提供」の強みを掛け合わせて、お客様と年単位での関係値を築く

―前職での経験が活きたのはどのような部分でしょうか。

前職で得た『共感力』を意識していたこともあり、自分自身の転職経験からもお客様が困りそうなところに自然と寄り添えたこと、また企業とのやり取りに関しても前職での企業担当経験を活かせたことがスムーズなスタートにつながりました。

―現在仕事をする上で、日々意識していることはどのようなことですか。

面談に来てくださった方に、「この1時間に価値があった」と感じてもらうことです。

たとえ使用機会がなくても、お客様の来社情報を得た瞬間から資料作りや下調べなど日々の準備を徹底し、当日は万全の体制で目の前の方に寄り添えるようにしています。

また、中長期での情報提供には社内の誰よりも力を入れています。実際に、今お付き合いのあるお客様の多くは年単位でキャリアの棚卸しや情報提供を続けさせていただいています。実際に転職活動を開始する際に効果的かつ効率的に活動していただけるよう、キャリアの検討段階からサポートさせていただいていることが自分のコンサルティングの強みであると感じています。

―ご自身にしかない強みは、他にはどのような部分にあると考えていますか。

コンサルティングファームに在籍されている方を幅広くご支援させていただいていますが、前職の経験から会計関連、監査法人、M&A、に関する転職支援は得意な分野と言えます。

また、AXIS経由で選考に進む/進まないに関係なく、セカンドオピニオンとしてお使いいただくなど、中長期スパンでのご提案を大切にしています。転職活動では「複数内定した場合の選択方法」や「企業への丁寧な辞退の伝え方」など、誰に相談すればいいのか悩むキャリアの疑問がつきものです。 そんな時、いつでも気軽に相談をいただけるようにお付き合いを続けていくと、直接の部分ではなくともお役に立てることは必ずあります。

この対応を継続することで、例えば担当したA様・A様からの紹介で担当したB様・私の3人で飲みに行けるような良好な関係を築くことができ、他のキャリアコンサルタントにはない強みとして自信を持っています。

―中長期支援が実った印象的なエピソードはありますか。

複数回の転職時にリピートいただき、お付き合いが5年以上になる方もいらっしゃいます。その方が業界未経験からコンサルティングファームに就職し、着実に力をつけてキャリアアップを図り、現在は超有名外資系ファームから指名を受けて転職が決まるというサクセスストーリーを歩む姿を間近でサポートさせていただきました。

同い年というご縁もあり、ライフイベントをお互いに祝いあうなど、現在もとても良い関係を築くことができ感謝しています。

―長期での関係性を継続させるために、努力していることは何でしょうか。

足を動かして情報を集めることに重きを置いています。定期的に企業クライアントを回り、お付き合いのある方々に何らかの有益な情報がないかと常にアンテナを張っています。

何かメリットになりそうな情報があれば、必要な方へスクリーニングをして鮮度の良いうちにお送りする、ということを毎日続けていくことが大切だと考えています。その情報にどう反応いただけるかによって、自分の頭の中でも常にお客様の近況が新しく整理されていくので、たとえお会いするのが久しぶりだとしても、密なコミュニケーションのおかげでスムーズな支援を続けることができています。

中長期的な関係づくりを生かしてマネージャー層の実績も多数。現在は、組織マネジメントやプロダクト企画にも関わる

―AXISが強みとしているコンサル業界のマネージャー層へのキャリアサポートはいかがでしょうか。

先程もお伝えしたように、1人の方と5年スパンでお付き合いしていると、管理職に「なる」難しさと、「なってから」の難しさに直接関わることができます。このような経験は、マネージャー層のお客様のサポートにも大いに役立っています。

また、マネージャーポストの前後での転職では、属性が出来上がった組織に入って成功するための「上位者として別企業に入っていく心得」やタイミングも重要になってきます。弊社は組織的にノウハウや情報が貯まっており、的確なアドバイスや情報提供ができるのはAXISの強みではないかと思います。

―福原さんご自身の今後のご自身のキャリアの展望を教えてください。

引き続き、即戦力(ハイクラス)向け支援に関してより力を入れたいと考えています。

また現場経験を踏まえて、その支援に役立つ新しいプロダクトやツールを作っていきたいと構想をはじめています。さらに、弊社内の組織強化にも貢献していきたいという思いもあり、現場に長く居るからこそわかる「自分にしかできないこと」を社内外共に追及していけたらと考えています。

―最後に、転職をお考えの方へメッセージをお願いします。

初めてお会いする方には、転職が絶対の選択肢ではない、ということを必ず最初にお伝えしています。

所属する会社を変えるという結果だけを追わず、社内異動など、まずは今ある可能性の中で「見えていない道」を可視化して共有することを大切にしています。じっくり希望をお聞して選択肢をこぼすことなく網羅していくことで、転職という手段が目的になってしまわないよう心がけています。

そして、同時に「キャリアには定期的な診断が必要」というメッセージをお伝えできたらと思います。数多くのケースを担当してきた結果、転職をしたいと思ってから動き出すのでは少し遅いと感じています。「転職する」という前提で動き出すと、どうしても転職を達成することがゴールになってしまいがちで、企業選びや意思決定にバイアスがかかってしまう傾向があるからです。

まずはキャリアの見直しという気軽な視点で話を聞きに来ていただけると、私の得意とする中長期サポートの長所が発揮でき、今までに考えていなかった新しい選択肢をご提案できると考えています。

今後、転職市場のオプションは拡がっていき、実際にフリーランスやジョブシェアでの就業率も増加しています。AXISではコンサルティング業界だけではなく、事業会社やフリーランスなど、時流や個人のライフステージに見合う選択肢を提示できるので、情報を知るだけでもメリットになる場合が多くあります。

初回の相談から1年以上経ってから始動する方も多くいらっしゃいますし、また、2回目・3回目となる支援の方も多いので、ぜひ安心して何度でもご相談をいただけると嬉しく思います。多くの皆様とお会いできることを、心から楽しみにしております。

福原大基:新卒にて税理士法人に入社し、中堅中小企業の財務コンサルティングに従事。常時数十社を担当し、会計税務業務に加え、経営者に対する経営計画・事業計画策定支援や従業員向け管理会計研修など、企業の経営支援に取り組む。現在は前職の経験を活かし、ファイナンス領域を中心に現役コンサルタントの転職支援に強みを持つ。

アクシスコンサルティングでは、 -コンサルタントになりたい人 -コンサルタントとしてキャリアアップしたい人 -コンサルタントから卒業したい人 のキャリアを支援しております。

弊社のキャリアコンサルタントと面談を希望される方は、下の申し込みボタンより、入力画面に移動してください。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial