元社員が語るNTTデータ(8) ~公募の異動制度(ジョブチャレンジなど)~

基本的に、異動の希望は年4回行われる上司との面談で交渉

NTTデータに限らずですが、往々にして配属された職場と自分のキャリアやスキル、志向性にミスマッチが発生することがあります。

あるいは、自分の将来像を考えた時に、今いる部署ではなかなかその実現が厳しく、別の部署に移りたい、なんて考えるケースもあります。

基本的に異動の希望は少なくとも年4回は行われる上司との面談の際に主張し、訴え続けることから始まります。当然、異動は出す側と受ける側の都合があるため、そう簡単に希望が叶うわけではないのですが、それでも訴え続けなければ何も始まらない、というわけです。

一方で、それ以外にも年2回の「公募制度」を利用する方法がある

とはいえ特に優秀な社員であるほど、上司は手放したがらないのも事実。

でも移りたい。

そんな時に用意されている制度が「公募制度」です。

年に2回、各部署が社内に求人を出します。

「●●ビジネスの強化に向け、このぐらいの年次でこんな経験のある人募集」といった具合に。

中途採用の求人みたいなものですね。

それを見て、条件に合う人は自らの意志で応募することができます。このとき、上司の承認などは不要で、勝手に申し込みができるのです。

応募すると、募集をかけている部署の募集責任者との面談になり、それで合格すると、人事部主導でそちら側の部署への異動が決まります。自分の所属する部署の上司が何を言おうが、異動できるわけです。

軽くクーデターみたいな感じですので、人間関係、職場関係を悪化させない細心の注意が必要です。

年1回の「ジョブチャレンジ制度」では「NTTデータからNTTドコモ」などグループ内の異動が可能

公募制度の他にも、年1回の「ジョブチャレンジ制度」というものもあります。

これは「公募制度」のオールNTTグループ版のようなものです。NTTデータからNTTドコモに移るとか、NTT東やNTT西からNTTデータに来るとか、NTTコムウェアからの異動とか、色々なパターンがあります。

キャリアを考える時に、どんな仕事をしているのか、というのは非常に重要です。

そんな時に、自ら主体的にキャリアを選ぶことができる、そしてそのフィールドが実はNTTデータ内だけではなく、オールNTTグループに広がっている、と考えると、キャリアの面でも非常に魅力的な環境が整っている、と言えるでしょうね。

NTTデータ関連記事:

【事例】中途入社後の処世術~元社員が語るNTTデータの実態~

元社員が語るNTTデータ(1)~企業文化・社風・評判について~

元社員が語るNTTデータ(2)~社内教育・研修制度~

元社員が語るNTTデータ(3) ~福利厚生~

元社員が語るNTTデータ(4)~社内SNS~

元社員が語るNTTデータ(5)~NTTデータ社員の社内恋愛事情~

元社員が語るNTTデータ(6)~NTTデータのプロマネ(PM)特性~

元社員が語るNTTデータ(7)~NTTデータの年収~

元社員が語るNTTデータ(8) ~公募の異動制度(ジョブチャレンジなど)~

元社員が語るNTTデータ(9)~休暇制度と実態~

元社員が語るNTTデータ(10)~ワークライフバランス~

元社員が語るNTTデータ(11)~面接対策~

=================

今回の記事では、元社員が語るNTTデータ(8)~公募制度~ついてご紹介しました。

キャリアでお悩みの方は、ぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。


アクシスの求人のうち、
約77%は非公開。
平均サポート期間は3年です。

各ファームのパートナー、事業会社のCxOに定期的にご来社いただき、新組織立ち上げ等の情報交換を行なっています。中長期でのキャリアを含め、ぜひご相談ください。

新規会員登録はこちら(無料)

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×